CATEGORY
フルコン/セミフルコン/バスコン
BUILDER
RVビックフット

未定

ACS エテルノオクタービアM

ベース車両
リエッセⅡ LXショートボディ

「ACS エテルノオクタービアM」について

白一色の車内は多くの女性から支持される

RVビックフットのバスコン「ACSエテルノオクタービア」は「使いやすさの黄金比」をコンセプトにした、取り回しの良いリエッセIIのショートボディをベース車に使用。最小回転半径はハイエースのスーパーロングよりも小さい5.5mだ。

ACSとはAC100V電源システムの意味。環境にやさしいソーラーパネルを搭載し、車内調理機もガスを使用せずIHクッキングヒーターを採用。独自の電源システムで、これ1台で家電生活をまかなえるように作られていて、災害にも強いキャンピングカーのシリーズだ。

内装・装備

ダイネット

車内はフロントにL字型のソファとキャプテンシートを配置。どこに座っても余裕の足下空間でゆったり感も上々。家具はムク材で白色仕上げ。シート生地も同様に白一色としているので、車内は清潔感たっぷりで広々と感じられる。

ACS エテルノオクタービアM | RVビックフット

キッチン

冷蔵庫は家庭用の2ドアタイプ。IHクッキングヒーターや電子レンジも標準装備として搭載。

ベッド

リヤはハイマウント形式の常設ベッドで下部は外部からもアクセス可能な収納庫。ベッドマットもクッションの効いた快適なもの。

ACS エテルノオクタービアM | RVビックフット

収納・その他

ダイネットとベッドの間にはマルチルームと収納が設けられている。

ACSエテルノオクタービアM | RVビックフット | CCAA2023

外観

車両後部は写真のようにアルミパネルの壁面にアクリル2重窓を施工して断熱性や軽量化による燃費向上を得ることもできるし、眺望重視でバス本来の窓ガラスを残すこともできる。ボディ側面の白い四角い小窓を開けるとAC100Vのコンセントがついており、ACSエテルノオクタービアMのソーラーパネルや走行充電で作り出した電気を外から使えるようになっている。

ACS エテルノオクタービアM | RVビックフット

レイアウト(間取り)

ACS エテルノオクタービアM | RVビックフット

ACS エテルノオクタービアMの基本情報

メーカー/ビルダー RVビックフット
車両タイプ フルコン/セミフルコン/バスコン
ベース車両 リエッセⅡ LXショートボディ
登録ナンバー 8
シフト 6AT
駆動方式 FR
全長×全幅×全高 6255×2080×2770
乗車定員 6人
就寝人数 4人
エンジン・総排気量 直4ディーゼルT・2754㏄
最高出力 110kW(150ps)
最大トルク 420Nm(42.8㎏m)
使用燃料・タンク容量 軽油・95ℓ
価格 未定
バリエーション ショートボディ、ロングボディ/アルミパネル仕様、ガラス窓仕様が選択可能
標準装備 IHコンロ/137ℓ冷凍冷蔵庫/電子レンジ/180Ahサブバッテリー×2個/20ℓ給水タンク/20ℓ排水タンク ほか
オプション ルームエアコン/カセット・ポータブルトイレ ほか
お問い合わせ RVビックフット キャンピングカーステーション
備考

メーカー/ビルダー情報