ニューキャンパー

【ジャパンキャンピングカーショー2023】リチウムイオンバッテリーを搭載し、さらに使いやすく!【事前情報】

VANTECHがEcoFlowパワーシステム搭載!

VANTECHが、EcoFlow Technology Japanのモジュール型電源システム「EcoFlowパワーシステム」を採用し2023年モデルより本システムを搭載したキャンピングカーの販売を開始!このシステムを搭載したキャンピングカーは、2023年2月3日より幕張メッセで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2023」にて展示される。本システムは、EcoFlow が得意とする再生可能エネルギーの利活用とポータブル電源ユニットを組み合わせたシステムとなっており、VANTECH が⻑年培ってきたキャンピングカー造りのノウハウを活かして最適化を施しているという。

シート下にスマートに収められたEcoFlowパワーシステム

リチウムイオンバッテリーシステムの性能は?

搭載するリチウムイオンバッテリーの容量は 4kWh(4.096Wh)。リチウムイオンバッテリーの特性として、大きな電流での充電・放電が得意なこともあって、キャンピングカーに搭載された家庭用エアコンと電子レンジを同時に使用するといった、大電力を消費するシーンでも安心して使用することが可能となった。バッテリーのライフサイクルにも優位点があり、鉛バッテリーが約500回なのに対し、リチウムイオンバッテリーは約3000回! 加えて、VANTECHのリチウムイオンバッテリー搭載モデルは充電に対しても工夫が凝らされており、入力ソースが切り替わることなく、走行時のオルタネーターから、外部コンセント(AC100V)から、ソーラーパネルから同時に入力することが可能となっており、ユーザーは複雑な操作を行うことなく使用できる設計だ。

タッチパネル式のモニターを装備し、コントロールも簡単!

システムの稼働状況をひと目でチェックすることができるタッチパネル式モニターが用意されているので、入出力状況に加えメインスイッチのオン・オフをコントロールが可能に。加えて、専用のアプリをスマートフォンにインストールすることで、同様の情報の確認・コントロールが可能になり利便性が向上している。

スマホにアプリをインストールすることによって、手元での操作やバッテリー残量などの確認が可能に!

EcoFlow パワーシステムが搭載される車種については下記のとおり※価格は税込価格(2023 年 1 月現在)
ZILシリーズとコルドシリーズだ!

ZiL(2WD:11,690,000 円、4WD:1187万円)
ZiL520(2WD:11,780,000 円、4WD:1196万円)
ZiL Noble(2WD:12,020,000 円、4WD:1220万円)

CORDE Leaves(2WD:9,920,000 円、4WD:1010万円)
CORDE Bunks(2WD:9,920,000 円、4WD:1010万円)
【システム構成】
EcoFlow パワーハブ
EcoFlow パワーシステム専用 2kWh LPF バッテリー 2 個
EcoFlow パワーシステム専用タッチパネル
EcoFlow パワーシステム専用スマート分電盤

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!