ニューキャンパー

キャンピングカーとSUVが融合!

ダイレクトカーズの意欲作が、いよいよアンベール! SUV ADVENTURE BR75の正体が明らかに!!

2月3日、ジャパンキャンピングカー ショー2023の会場でアンベールとなったダイレクトカーズのSUV ADVENTURE BR75。その全貌をいち早くご紹介しよう。

日本になかったキャンピングカーのカタチを!

外装色はオプションで選択可能

”本格的なキャンピングカーとSUVの融合” ダイレクトカーズ が出した答えがBR75。トヨタハイラックス(GRスポーツをベースとすることも可能)とし、ボディ上部をシェルで包み込んだ。今まで本格的なキャンピングカーといえば、トラックをベースとしたものが一般的な日本のキャンピングカー市場において、一石を投じたスタイル&コンセプトが特徴だ。

純正色(オキサイドブロンズメタリック)のままでも、SUVアドベンチャーキャンパーとしてサマになる仕上がりだ
シェルがボディ同色仕上げなので、違和感のない仕上がりだ
架装する状態で不要となるベッド部分はキャンピング&カーゴトレーラーとしてリデザインされた

ダイレクトカーズが考える今までにない国産キャンピングカーのカタチ

 キャンピングカーとしての使い勝手を考えると、堅牢なシャシーと車高の高い4WDのピックアップトラックをベースとするのは不利である。にもかかわらずこれをベースとしたのは、エクステリアにこだわるユーザーに向けた日本製キャンピングカーメーカーの意地である。それほどまでにエクステリアにこだわった”カッコいい大人”のためのキャンピングカーがBR75である。

内装もアドベンチャー要素を取り入れたフィニッシュ

リアには大きな開口部を設けることで「こいつは只者じゃない!」感を演出

 モデル名のBRとは、GRスポーツをベースとした遊びのBASE基地の頭文字を組み合わせたもの。機能性重視の本格キャンピングカーよりも遊び心を重視した仕様で、リアの大きな開口部は長尺物も容易に搭載できる仕様だ。ポップアップするルーフ構造は室内の居住性を向上させる目的ではあるものの、アウトドアらしさを演出するための重要な装備でもある。

 室内はダイネット(居間スペース)とリアに位置するキッチンやマルチルームで構成されるスタイル。バンク上にはフラッグシップモデルのキャンピングカーであるトリップシリーズで採用実績のある跳ね上げ式のバンクベッドを採用。これはなかなかに便利だ。ダンパーが備わり操作が楽に行えるのは言うまでもないが、ドライビングシートに座って移動する際など、頭上の開放感は特筆もの。

キャンピングカーのバンクベッド部はフリップアップする
使用する際は下げて使用。簡単操作で展開が可能だ

電装は、フル装備。エアコンの室外機設置場所にもひと工夫

 電装はリチウムイオンバッテリーはじめCTEKでシステムを構築。インストールされた家庭用エアコンは、室外機の搭載方法も含めて美しくリアフロア下に搭載。ハイラックスという車両の製作上、スペアタイヤを下ろさず室外機を搭載したのもこだわったポイントだ。

CTEKシステムを活用し、走行昇圧充電が可能

ルームエアコンを装備。室外機のレイアウトにも腐心している

アンダーフロアまで抜かりない仕上げ

スペアタイヤを残したまま、フロア下に室外機を美しくレイアウト

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!