ニュース

<最新号>オートキャンパー10月号は走行性能まるわかり!特集「主要ベース車7モデル試乗記」

気になるトイレ事情も徹底調査!

オートキャンパー10月号は、走行性能、ほかのオーナーの使い方、トイレ事情といま気になる特集目白押しでお届け!
普通のクルマとは乗り味が異なるキャンピングカー。一昔前のモデルの走行性能は、お世辞にもいいとは言えませんでした。一般道では交通の流れになかなか乗れないし、高速道路では追い越しに苦労し、坂道は思うようには上れない……。しかし、近年のモデルはいずれも普通車並みの走行が可能です。とはいえ、キャンピングカーを初めて購入する方にとっては、やはり“未知の世界”。そもそも“ベース車”になじみがないと、その走りを想像するのも難しいでしょう。今回の巻頭特集では、ベース車別にその走行性能をチェックしていきます。

【巻頭特集】「主要ベース車7モデル試乗記〜走行性能を知ってからのキャンピングカー選び」

主要ベース車別に7台をピックアップして走行性能全般をチェックします! デュカト、スプリンターW907、コースター、カムロード、タウンエーストラック、ハイエース、NV200バネットバンをベースとする最新型を本誌テスターが試乗。そのインプレッションレポートから各車のドライバビリティを把握したうえで、ご自身に合った旅グルマを選んでもらえれば幸いです。

【第2特集】「アクティブユーザーのソトアソビ〜キャンピングカーライフ白書」

キャンピングカーを買ったら日本を縦断、北海道一周……。そんな壮大なプランを立てなくても、気軽に楽しめるキャンピングカーライフはいろいろあります。今回は旅グルマを趣味の相棒に、ペット旅に、家族との思い出作りにと、アクティブに活用しているオーナー5組を密着取材。車両はセレンゲティ525、ハイラックス+JキャビンH、イゾラ……などなど。十人十色の使い方を紹介します。

「使う? 使わない!? やっぱり備えたい! クルマ旅の最新トイレ事情」

キャンピングカーにトイレの設置が必要かどうかを尋ねると、使用派と不使用派が相半ばする傾向があります。24時間利用できるトイレがいたるところにあるのだから不要と考える人もいれば、イザというときに助かるから必須という人もいて、その必要性はユーザーごとに異なるわけです。本企画では多種多様な最新トイレ・ラインナップを押さえながら、気になる昨今の“車中便”事情をお伝えします。

CONTENTS

☆第1特集 主要ベース車7モデル試乗記〜走行性能を知ってからのキャンピングカー選び
(フィアット デュカト、メルセデスベンツ スプリンター、コースター、カムロード、タウンエーストラック、ハイエース、NV200バネットバン)
☆第2特集 アクティブユーザーのソトアソビ〜キャンピングカーライフ白書
(ファンルーチェ セレンゲティ525、M.Y.Sミスティック JキャビンH、レクビィ イゾラ、セドナ タイプⅣ ほか)
☆使う? 使わない!? やっぱり備えたい! クルマ旅の最新トイレ事情
☆最旬情報8連発! AC Hot Topics (ハイエース用スペシャルサスペンションのACEONE、世界限定5台! ディズニー創立100周年記念モデルのデュカト、ユーロトイで今秋販売開始 日本初上陸のドイツブランド「エトルスコ」、今年で3回目 道の駅「むなかた」でキャンピングカーショー、4年ぶりの夏祭り! 第21回ナッツRV感謝祭開催、クルマとソトアソビの祭典 アソモビ2023 in Makuhari開催、日本カーツーリズム推進協会と埼玉県草加市が災害協定を締結 etc.)
☆最新モデル紹介 New Camper Check! (アドセット エレメント、オートワン 給電エース&ピッコロキャンパープラス ポップアップルーフ、フィールドライフ ヴィータ、ロッキー2 フリード+(プラス)/デリカD:5キャンパーキット ほか)
☆連載「実走 オートキャンプ場ガイド」「実泊! 日本全国RVパーク巡り」ほか

オートキャンパー 2023年10月号
2023年9月14日(木)発売
税込 1000円(本体 909円)

ご予約、お求めは全国の書店・コンビニ、ネット販売にて!

amazon
定期購読はこちらから!

画像ギャラリー

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!