ニューキャンパー

6人乗車4人就寝、キャラバンベースの美しいボディにクーラー標準搭載のキャンピングカー

キャブコンの老舗でもあるバンテックがキャラバンをベースに製作したキャブコン、それがアストラーレCC1だ。
キャラバンベースのキャブコンは国内唯一、バンテックの手によって欧州車のような美しいデザインに最新システムを搭載したハイエンドキャンピングカーとなった。2023年10月28日から始まるジャパンモビリティショーにも出展される予定の1台を紹介。

唯一のキャラバンベースの本格的キャブコン

バンテックのキャブコン、アストラーレCC1は、ベース車であるキャラバンのボディをカットしてシェルを架装したモデル。最大の特徴は、その流麗なフォルムだ。 単に居住部となるシェルを組み合わせただけでなく、ベース車の形状に合わせてデザイン。シェイプされたキャブ上から丸みを帯びたルーフ、ボディサイドの張り出しも一体感を与えつつ、スマートな形状。その存在感は他の追随を許さないほど。

車内はスタンダードなリヤ常設2段ベッド仕様。固定シートによる対面ダイネットは2+2人がけでベッド展開も可能。このダイネットと2段ベッドの間にマルチルームを設置している。キッチンはコンパクトだが充実装備。シャワーヘッド式の丸形シンク、縦長冷蔵庫 の上には電子レンジを配置した。

車内の配色は、濃い木目調と白色樹脂材を使った家具、白色のシート生地を組み合わせたモノトーン調。高級感と落ち着いた雰囲気を醸し出している。さらに、車載専用のDC12Vクーラーをうまく組み込む抜群の処理方法。違和感を作り出す白物電装品を隠す形で搭載しているのも好感が持てる。

アストラーレCC1 | バンテック
テーブルを低い位置にセットして背もたれを置くだけと、簡単に展開できるアストラーレCC1のフロアベッド。大人2人で就寝可能なサイズだ
アストラーレCC1 | バンテック
家具は、基本的には平面を多用したスクエア形状だが、各部に丸みを待たせて柔らかさを演出。丸形シンクもその一例だ。シンク左側に見えている四角い穴はゴミ箱
アストラーレCC1 | バンテック
リヤの常設2段ベッドは下部に通気性と採光性を高める小窓を装備。上下段ともに大人が寝ても無理のない大きさ
アストラーレCC1 | バンテック
エントランスはオートクロージャー付きスライドドアになる。一般的な駐車場での利用を想定して、乗降のしやすさを考えた装備
アストラーレCC1 | バンテック
ドアミラーにカメラが設置され、ドライバーの死角を軽減。ドアミラーから見える景色もドアミラーレスのように映像化されている
アストラーレCC1 | バンテック
後部の車体形状は純正をモチーフにデザイン。リヤハッチはスウィングするように上部に持ち上がる独自の構造
アストラーレCC1 | バンテック
右上収納庫を使ってDC12V車載クーラーを組み込んだ。操作部と吹き出し口だけ露出しており、その存在感は皆無と言っていい
アストラーレCC1 | バンテック
アストラーレCC1はキャラバン・プレミアムGXがベース。サイズは4960×2070×2740mm
アストラーレCC1 | バンテック

[スペック]
VANTECH アストラーレCC1
ベース車:キャラバン・プレミアムGX
乗車:6人 就寝:3+子供1人
登録ナンバー:8
価格: 1299万7000円〜
[標準装備]
シャワーヘッド付き丸形シンク/13ℓ給排水タンク/電子レンジ/1ウェイ90ℓ冷蔵庫/200Ahリチウムイオンサブバッテリー/走行充電システム/外部電源取り入れ口/AC100Vコンセント/DC12Vソケット取り入れ口/USBポート/各種照明器具/ソーラーパネル ほか

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!