ニュース

インディアナ・RVが送る、ミニマリズム「インディアナ300」シリーズに熱視線

けん引免許不要で、日本の使用に適した専用設計トレーラーが面白い!

日本での使いやすさに徹底的にこだわり、オリジナリティあふれるキャンピングトレーラーをラインナップしているインディアナ・RV。開催中のジャパンキャンピグカーショーのブースでは新たに加わったニワドーの「インディアナ300」シリーズから注目の3モデルがそろった。

とその前にインディアナ300のご説明を。ポーランドのキャンピングトレーラーメーカーであるニワドー社に別注したこのキャンピングトレーラー、全長全幅全高を4.5×2.05×2.55(各m)とコンパクトにし、日本の交通事情や駐車スペースに適合させてある。なにより車両重量も750kgより軽いためにけん引免許も不要なのが大きい。
ボディは素材にメーカー呼称GRPと呼ばれるガラス繊維強化プラスチックを採用することで、雨音や雹害を軽減。また各パネルには断熱材が入っており(XPS断熱)、優れた防音&断熱性能も備わっている。エントランスは日本での使いやすさを考慮し、左側に搭載している点もポイントとなっている。

室内レイアウトが異なる「T」「L」「SN」「SL」「SF」の5つのラインナップがあるキャンピングトレーラー

インディアナ300Lは二の字ロングソファを搭載したダイネットが特徴で、ここをベッド展開すると1950×1850mmと3人就寝ができる広さ。家族3人での旅が楽しめるようになっている。後部はマルチルームとキッチンを配置。キッチンにはガラストップ付き2口コンロとシンクが備わるほか、60Lコンプレッサー冷蔵庫も装備。

インディアナ300L

インディアナ300SNのほうは中央にキッチンを配し、後端に常設2ベッドを採用することでダイネットと合わせ4人就寝を可能としている。

インディアナ300SN
車内中央にキッチン(インディアナ300SN)

車内後部に2段ベッドをレイアウト

今回出展していないモデルも含めて(300SF除く)ウインドクーラーのオプションも用意し、快適性を求める人にもしっかり対応。また、全モデルにスタンダード/V/VIPハイブリッド(ポータブル電源とバッテリーを搭載)と装備グレードを用意。ライフスタイルや予算などに合わせて選べるようになっているのもうれしいところ。

インディアナ300シリーズは上質で飽きの来ないヨーロピアンスタイルに加え、コンパクトゆえの扱いやすさ、日本仕様という快適さという3拍子がそろったモデル。

ジャパンキャンピングカーショーをはじめ、今後開催される各地のショーでも展示される予定なので、気になる人はぜひとも実車でチェックしてみよう。

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報