ニューキャンパー

8人乗車、6人就寝可能、マルチルームも完備なのに車幅174cmのスリムボディキャンピングカー!

キャンパー厚木「GRAND PUPPY」

キャンパー厚木のキャブコンパピィシリーズの第4弾。カムロードベースの本格キャブコンながら、車幅は174cmに抑えられている。リヤエントランスを採用したことで、前方に広いサロンスペースが広がり、多人数での乗車、就寝を実現したモデルだ。

新たなユーザー層を拡大する高効率レイアウトを採用!

「グランドパピィ」は、キャンパー厚木のキャブコン、パピィシリーズの第4弾モデルで、210に続きリヤエントランスが採用されたモデル。
室内にはいると、対面シートにサイドソファを備えたダイネットが広がり、4〜5人でも着座可能。開放感抜群でゆったりと過ごせる。さらに特徴となるのがキッチンで、車両最後部にL字型に備わる。そしてそのキッチンの手前にマルチルームを配置した独特なレイアウト。標準車ベースゆえの幅狭ボディを効率よく使っている。

これまでのパピィシリーズのモデルと大きく違うのが、ファミリーユースを視野に入れたコンセプト。ダイネットのベッド展開で3人、跳ね上げ式の3分割延長マット形式のバンクベッドでも同じく3人が寝られるので、合計6人の就寝スペースを確保。なおサイドソファのみでのベッド展開も可能で、その場合はダイネットの対面シートはそのままでも、バンクベッドの3人と合わせて計4人が寝られる。限られた空間であってもさまざまな家族やグループに対応している。

シリーズ共通の白を基調とした明るい内装色は、空間を広く見せる効果もあるし、何よりも清潔感があって好印象。軽量ボディなのでガソリンエンジンでも不満なく走るのも特徴だ。

バンクベッドの延長マット部分は左右が跳ね上げ式。降ろした状態で中央に補助マットを置けばベッドスペースの完成。左右の跳ね上げ式のベースは、ベルトで固定されているので強度は問題なく、ブレやひずみも一切ない。ベッドのサイズは1900×1620×580㎜
助手席後部にはテレビ台。インバーター&FFヒーターのスイッチもここにあるので運転席からも手が届く。バンクベッドへの昇降台も装備
車両外部の側面スカート部には外部収納庫が設置されている。そのほかセカンドシートとサイドソファ下も収納庫となっている
L字キッチンのカセットコンロ置き場はフタ付きで、閉めた状態では調理台になる。冷蔵庫との位置関係も良好。ルームエアコンの室内機はキッチンの上部に設置
小窓を備えたマルチルームは、FRP製防水フロアを利用。ちょうどタイヤハウスの上のため天井までの高さは1740㎜だが、奥行きと幅のサイズは930×550㎜なので大人でも使える

最後部に設けられた外部扉も車内にアクセス可能な貫通式の収納庫。キッチン下につながっており、通常使用するタンクの他に給水タンクを2個置ける空間。

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報