ニューキャンパー

左右のスライドドアでミニバン感覚に進化。前向きで7人が乗れる!荷物スペースもしっかり確保したハイエースベースキャンピングカー

フォーシーズの「7sフロンティアプラス」

ハイエースベースのバンコン、「7sフロンティア」が進化。セカンドシート部分のスライドドアが左側のみから両側へ。これにより左右どちらからでも車内にアクセス可能に。前向きで7人が乗車できる、シンプルで使いやすい車内レイアウトはそのまま生かされている。

ワゴン的要素増強で使い勝手が大幅に向上!

フォーシーズのバンコン「7sフロンティアプラス」は、既存モデルの「7sフロンティア」の進化版。ベース車は、これまで同様にハイエースの標準ボディ・標準ルーフで新構造要件適合のキャンピング登録車だが、スライドドアが左のみから両側になった。これによりセカンドシート乗車時に左右どちらからでも乗り降りでき、ミニバン感覚で乗車可能だ。シートも全席前向き展開の3列仕様。フロントに3人、セカンドシート、サードシートにそれぞれ2人ずつ、合計7人がゆったりと乗れる。
使用されているシートはバタフライ仕様のREVOで、セカンドシートを後ろ向きにすれば対面ダイネットに、セカンドシートとサードシートをフラットにすればフルベッドにできる。このセカンド&サードシートは足下空間がゆったり設定にもかかわらず、車両最後部には荷室スペースが確保されている。さらにたたんで前方にまとめると、リヤに大きな荷室空間を作れる。この部分はトランポとして大型バイク、あらゆるアウトドアグッズが積めるほど大きい。このシートアレンジとレイアウトにより、ミドルサイズミニバン以上の使い勝手を実現している。

そのほか両側スライドドアになったのでキッチンは右側に移設。左サイド後部はベッドの一部として、ステップ上の補助マットと合わせて幅を確保。このベッドスペースは大人2人プラス子供2人でも寝られるサイズだ。
車内インテリアは白を基調とした内装色で清潔感をアピール。濃い配色の家具とのモノトーン調も好印象。6個のスポットライトで夜間のムードも演出可能だ。

セカンド&サードシートは3点式シートベルトを備えたREVOのバタフライ仕様。左右から乗降できるのでミニバンのように使える
シートをフルフラットにして、左右スライドドア前に補助マットをセット。幅は1200㎜だが長さは2400㎜もあるので、家族4人がゴロゴロと寝るのも可能だ
フロントシート後ろにセカンドシート乗車に使えるテーブル兼キャビネットを配置。天板はスライドさせて取り外しする
水栓一体型のミニシンク、折りたたみ式の給排水タンク、小型カセットコンロを採用
32段階の調光ができるスポットライト。壁面トリムは新たに断熱仕様を採用
ボルトメーター付きメインスイッチ、調光、USBポートにDC12Vソケットを装備
セカンドシートとサードシートを使用してもこの荷室の広さ
セカンドシートとサードシートをたためば、最大1900×1000㎜の荷物スペースを確保できる

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報