ニューキャンパー

プライベート空間を確保しつつ大人4人が寝られる!トランポにもなるけん引免許不要キャンピングトレーラーがリニューアル

タコスの「GX350グランドクロス」

2023年のジャパンキャンピングカーショーでデビューしたタコスのキャンピングトレーラー「GX350グランドクロス」。けん引免許が不要なモデルながら、2段ベッドを駆使することで、プライベート空間を確保しつつ大人4人の就寝スペースの確保を実現。さらにトランポとしても使える使い勝手のいいトレーラーだ。それが2024年、さらなる使い勝手の向上を目指し、リニューアルした。

就寝形態変更と軽量化、外観もリニューアル

タコスのキャンピングトレーラー「GX350グランドクロス」は、昨年のジャパンキャンピングカーショーでデビューしたモデル。それが今年マイナーチェンジし、使い勝手が向上。大きく変わったのが前方に設置されたベッド。2段ベッドだったものが、ハイマウント形式の1段ベッドに変更。この変更は、このベッド下を外からアクセスするロッカールームとしたためだ。このロッカールーム、オプションのルームエアコンを搭載したときは室外機の格納場所として使われる。これにより外観もリニューアルされており、スクエア形状だったボディは、曲面形状を取り入れた形になった。

そのほかの車内レイアウトだが、ダイネット兼ベッド部分は基本的な仕様を踏襲しつつ、細かな部分をブラッシュアップ。まず車体右側にある2段ベッド。上段は2つ折りのマットに変更、さらに後部の支えもスライド&ストラップ固定式となり、強度と使い勝手のよさが向上した。そしてこの2段ベッドは、フロアにベース板を置きソファにもなる1段目に補助マットを載せれば、ダイネットの横すわりソファと合わせてフロア全面ベッドになる。雑魚寝でよければ、前方のベッドを使わなくても、こちらだけでも大人4人が就寝可能なスペースがある。もちろんダイネットとして使用する時もゆったりとしたシートなので、4~5人の利用でも問題ない。

また、このダイネット、シートをたためば驚くほど大きな荷室スペースに早変わりする。リヤの左右観音開きのドアを開けてラダーをセットすれば、トランポとしての使い勝手は抜群にいい。あまりに大きくて複数台のバイクを積みたくなるが、許容と積載荷重には注意が必要だ。

左右の跳ね上げシート(片側は2段ベッドの1段目)をセットして中央にベース板を置き、上部に補助マットを載せると全面ベッドになる。サイズは1920×1800㎜で大人3人でも余裕だ
右2段ベッド。後部の支えはスライド&ストラップ式。ベッド幅は上下とも700㎜
フロントロッカー上を使ったハイマウント形式の常設ベッド
フロントロッカーはダンパー付きの跳ね上げ扉仕様
オプションのルームエアコン本体はエントランス上に配置
キッチンはコンパクトサイズだがサイドに跳ね上げ調理台、壁面側には調味料棚を装備
外部バゲッジドアを備えたマルチルーム
これだけ大きな荷室スペース。後部からの乗降を考えたステップ、専用カーテン&バグネットも備える

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報