キャンピングカーで楽しむ

非常食にはカレーがオススメなのには理由があった⁉CoCo壱番屋監修マイルドカレーライスセット

お手軽、マイルド、アレルギー対応のカレーライスはファミリーにぴったり

尾西食品からあのココイチ、CoCo壱番屋監修のカレーライスセットが発売された。カレーと御飯、スプーンがセットになったパックで、特定アレルギー物質28品目不使用、そして長期保存可能で、食べるときに必要なのはお水もしくはお湯だけ。災害時の備えに、手軽なアウトドア食としても、おいしくみんながうれしいメニューになっている。

非常食はおいしくない?

今回のマイルドカレーライスセットを発売している尾西食品が行った調査によると、非常食に「おいしくない」もしくは「あまりおいしくない」というイメージをもっている人が回答者全体の55%と半数ちょっと。ひと昔前に比べれば味もよくなり、種類も格段に増えた非常食だが、まだまだネガティブなイメージを持つ人も多いよう。とはいえ、非常食はその名の通り、非常時に食べることを想定した食べ物。それは天災などに被災して大変な状況で食べるものかもしれない…。そんなとき食事だけでもあったかくておいしくて、食べ慣れたものなら、どれだけホッとするだろう。

実際に被災したときの食事でもカレーは好評

もう1つ同じ調査の中で、実際の被災経験のある人へ「災害時に食べておいしかったものは何ですか。」と聞いた質問の回答でもカレーが最も多い結果となっていた。
実は災害時ではないが、子供のサマーキャンプでは、キャンプ初日の夕食にカレーがメニューになっていることが多々ある。理由は諸説あるが、そのうちの1つが、「緊張して食欲がなくても、カレーなら食べられる子供が多かったから」という長年の経験によるもの。カレーのスパイシーな香りが食欲をそそる?
同じように災害時は、緊張や疲れで食欲がないことも考えられる。そんなときに食べる非常食のメニューの1つにカレーライスを入れておくのは理にかなっているのかもしれない。

用意するのは水かお湯だけ。簡単に食べられる工夫がいっぱい

実際にこのセットを使ってカレーを作って食べようとしたときに、このセット以外に必要なものは水もしくはお湯だけ。食器を含めそれ以外の必要なものはすべてそろっている。非常食で盲点なのがこの食器。食料は備蓄や持ち出し袋にあっても、お皿や箸、スプーンの用意がないということもある。また、サイズもかさばらず軽いので、お家やキャンピングカーに備蓄してローリングストックするときにも助かる。

パックの中身。アルファ米とレトルトカレー、スプーン。カレーは温めなくても食べられるものになっている
1食に必要な水、またはお湯の量は約128ml。コップ1杯ほどなので、シェラカップでも温められる量。

作り方はいたって簡単。アルファ米という特殊な加工をした御飯に水かお湯を注いで待つだけ。待ち時間はお湯を使う場合は15分、水の場合は60分となっている。
カレーは温めなくても食べられるものだが、温めてももちろんOK。湯煎やレンジでももちろん温められるが、このセットのすごいところは、アルファ米にお湯を注いで作る際に、その熱を使って一緒にカレーを温めることができるという点。とはいえ、冬場など気温が低い時期や風があるときは、アルファ米も早く冷めてしまうので、保温性のあるバックなどに入れて待つのもよいかもしれない。
また、パッケージもそれぞれハサミなどがなくても手で簡単に切れるよう加工がしてある。

画像では分かりづらいが、パッケージの切り口に手でも切れる加工が入っている
お湯を入れる前のアルファ米。水の分量を事前に計らなくても、アルファ米の袋の内側の線まで注げばOK
お湯を注いだアルファ米とカレーをいっしょに温めている様子。パッケージの袋を活用して、アルファ米とカレーの袋をぴったりと包む仕様だ
でき上がった御飯。でき上がり直後は団子のようにまとまっているので、食べる前に付属のスプーンなどでよくほぐしてから食べる。写真はほぐしたあと

そして、食べ方にも工夫が。でき上がったアルファ米が入っている袋に、カレーを入れて、食器として使うことができる。アルファ米の袋自体がしっかりした作りになっていて、カレーを入れて手に持ってもしっかり自立し安定感がある。加えてチャックも付いているので、でき上がったカレーを運ぶとき、食べている途中に席を離れるときに、一時的にチャックを閉めて安全に運んだり、置いておいたりすることができる。

ほぐした御飯にいっしょに温めたカレーを入れる。カレーがサラサラしているので、注ぎやすい
ジャガイモやニンジンなど具もしっかり形がある。御飯が下になっているので、混ぜてから食べるのもGOOD

この手軽さと準備のよさが非常時に心強いのはもちろんだが、自宅ほど環境が整っていないキャンプなどのアウトドアの場でも重宝するのは間違いない。キャンプ場ならではの焚き火を使ったキャンプ料理もいいが、逆に簡単ごはんにすることで、その分自然の中で体を動かしたり、リラックスしたりと違うことに時間を使うこともあっていい。それに、最長で5年6カ月の長期保存が可能でコンパクトなので、キャンピングカーに備えておいて、クルマ旅の途中の手軽なごはんや荒天などの理由でクルマの外に出にくいときのごはんにしてもいい。

味も文句なし。アレルギー物質28品目不使用で安心

さすがCoCo壱番屋監修だけあって、味は文句なしにおいしい。今回のマイルドカレーライスセットは小さな子供でもおいしく食べられる甘口なマイルドな味。とはいえカレー独特のスパイスの香りはしていて、甘口設定も豊富なココイチらしく大人でもおいしく食べられる。普通の白米とは少し違うアルファ米の食感もカレーなので全く気にならない。
さらにこちらのカレー、アレルギー物質28品目不使用となっている。特にカレーはルーに小麦粉を使っていることも多いが、もちろん小麦粉も不使用。アレルギーが1つでもあると非常時の食事には特に気を使うので、今回のように幅広くアレルギーに対応した非常食があるのはかなりうれしい。

CoCo壱番屋監修尾西のマイルドカレーライスセット

2022年3月1日発売
商品情報:https://www.onisifoods.co.jp/products/mildcurry.html

実際に作って食べてみた様子はこちらから!