キャンピングカーで楽しむ

ギョーザの街の人が薦める「ギョーザ×車中泊&キャンプごはん」レシピ!

車内調理で気になる油はねや匂いが解決できるレシピも!

浜松市とギョーザ消費量日本一の座を争い、それが話題となり全国的にもギョーザの街としての地位を確立した宇都宮市。しかしギョーザの街として盛り上がる前から、市民は店頭や家でギョーザをたしなんできた。そんな宇都宮育ちでキャンプ歴20年のメイが今回薦めるのが、アウトドアや車中泊でのギョーザ活用だ。

冷凍ギョーザや半生ギョーザは車中泊やキャンプでも強い味方!

小麦粉でできた皮とひき肉と野菜が入ったあんでできたギョーザは、主食にもサイドメニューにもなる万能選手。軽めのご飯なら、ギョーザだけでも問題なし。
とはいえ、あんから作ろうとすると、少し手間がかかるので、調理環境が整っていない車中泊やキャンプでは難しい。そこで、お薦めしたいのが、火を通すだけで食べれる冷凍ギョーザや半生ギョーザ。スーパーでももちろん手に入るが、最近では、冷凍ギョーザの無人販売所も増えており、旅の道中で手に入れることもできるようになった。

宇都宮市民が薦める餃子レシピアイディア

私メイは生まれも育ちも宇都宮。かつては宇都宮市が任命する公式の「口コミ特派員」も務めるほど、「宇都宮LOVE」。

宇都宮駅の「餃子像」。こちらはギョーザの皮に包まれたビーナスを表現しているとか…
ギョーザ以外も自転車やバスケなど、実は宇都宮、いろいろ盛り上がってるんです

そしてギョーザの街に生まれたからには、当たり前に街なかのギョーザ店で家族で昼食をとったり、冷凍ギョーザを家で調理したり。高校生のとき、放課後行くのはマクドナルドではなくギョーザ店だったり…。ギョーザ専門店がある環境になんの疑問も抱かず大きくなった。なので、東京に出てきてギョーザは中華料理店やラーメン店の1メニューという扱いが普通ということには、プチショックを受けた。ちなみに宇都宮の人は注文するときにギョーザを「ヤキ(焼きギョーザ)」「スイ(水ギョーザ)」「アゲ(揚げギョーザ)」と呼び、量を1人前、2人前ではなく1枚、2枚と注文することが多い。
今回はそんな私がその冷凍ギョーザを使った車中泊やキャンプでの基本のレシピをご紹介していく。

基本の「焼き」

ギョーザといえば焼きギョーザ。このとき調理器具として、フライパンやスキレットとフタがあると文句なしだが、もしない場合でも、アルミホイルを活用することで焼きギョーザを作ることができる。このとき炭火などの直火での調理は火力が安定しにくいので、カセットコンロなどを使うのがお薦め。

フライパンで焼く場合は、油をなじませたフライパンにギョーザを並べ火をつけ、お湯を餃子の1/3ほど投入してフタをする。お湯がなくなったらフタを開け、ごま油を回し入れ、底がこんがりするまで焼けばできあがり
だいたいギョーザ6個で軽い1人前。ごはんといっしょに食べる場合はこれでも十分
フタ付きのフライパンがない場合はアルミホイルで包んでも調理できる。このとき焦げ付きにくい加工がされたフライパン用のアルミホイルを使うと便利
焼き方はフライパンで焼く場合とほぼ同じ。お湯を入れたらフタを閉めるかわりに、アルミホイルを閉じる。開けるときにはやけどに注意

個人的な焼きギョーザの調理の感覚は「茹で蒸して、揚げ焼き」。お湯と蒸気で中まで火を通し、最後にカリッとさせるイメージだ。焼いているときに音が変わっていくので、それを合図に焼いている。
そして冷凍ギョーザの場合は、凍った状態から焼くようになっている。もし溶けかかっている場合は、うまく焼けずに焦げ付いたり、崩れてしまう原因になるので注意したい。多少溶けている程度であれば、次に紹介する水ギョーザスタイルで食べるほうが失敗が少ない。

車中泊にもキャンプにもお薦めなのが「水」

私がキャンプでよくするのが、水ギョーザスタイル。失敗も少なく、アレンジの幅も広い。
基本は沸騰したたっぷりのお湯でギョーザを茹でるだけ。それだけでもギョーザ自体に味がついていることが多いので、十分美味しい。有名な宇都宮のギョーザ専門店「みんみん」では、この茹でただけの水ギョーザにお酢をたっぷり入れて食べる常連さんを見ることができる。

沸騰したお湯にギョーザを入れて5−6分茹でる。餃子の皮の合わせ目が透き通ってきたら火が通った合図。茹で汁にもギョーザの旨味が出ているので、いっしょに食べて楽しんでほしい
最後にだしの素やスープの素を入れれば、スープギョーザに早変わり。他にも野菜をいっしょに茹でたり、春雨を入れたり、アイディアは無限

この水ギョーザスタイルを車中泊やキャンプでお薦めする理由だが、失敗が少ないのはもちろん、洗い物のラクさと、油はねなどのトラブルが少ないから。調理時の匂いも、焼きギョーザよりは体感的に少ない。

ダッチオーブンで「揚げ」

もし手頃な大きさのダッチオーブンや揚げ物ができるクッカーを持っているなら、揚げギョーザもできる。油はねの心配もあるので、野外で調理ができる際にぜひ。キャプテンスタッグの角型ダッチオーブンminiはサイズも手頃で、使う油の量も少なくて済むのでお薦め。小さいとはいえ角型なので串揚げも楽しめる。

油が冷めないように、凍った状態のギョーザを2〜3個ずつ揚げる。ギョーザの表面に水気があると油がはねるので十分注意したい
きつね色になったら完成。

さぁギョーザを楽しもう!

それぞれ基本のレシピをお伝えしたが、最後にもう1つお伝えしたいのが、調理時間の短さ。冷凍ギョーザや半生ギョーザを使えば、調理開始から20分ほどあればあつあつのギョーザが食べられる。それでいてギョーザは、お肉、野菜、皮と「完全栄養食」ともいわれる栄養価的にも優秀なメニュー。ぜひ上手に活用して、車中泊ごはん、キャンプごはんを楽しんでもらいたい。

神戸餃子楼

今回使ったのは、神戸市内を中心に無人販売が行われている「神戸餃子楼」のギョーザ。パリッとした皮に、ショウガが香るあんがぎっしり詰まった満足感のあるギョーザで、調理もしやすかった。都内にも無人販売所があるほか、通販も行っている。
神戸餃子楼:https://gyozaro.com