ニュース

デュカトがいよいよ日本で正規販売!

フィアット プロフェッショナルの「ベストセラーモデル」正規販売ネットワークが決定!

ハイエースの牙城⁉︎を崩せるか、欧州商用車のベストセラー!

 日本のキャンピングカー市場において一番売れているのが、ワンボックス車の室内に居住用設備を架装したバンコンバージョン(バンコン)という形態のキャンピングカー。なかでもトヨタのハイエースを使用したキャンピングカーは人気が高く、各社がこぞってオリジナルモデルを製作しているのは、ご存知の通り。

ジャパンキャンピングカーショー2022で発表されたフィアット プロフェッショナルのデュカト

 2022年2月に開催されたジャパンキャンピングカーショー2022で刺客が現れた。フィアット プロフェッショナルのデュカトがそれだ。欧州商用車市場のシェア70%を占めるこの車両は、かの地のキャンピングカー向けとしても活躍するだけでなく、さまざまな国やメーカーでOEM供給やノックダウン生産が行われている世界的に見てマーケットリーダーなのである。

9月15日、日本のキャンピングカー作りに大変革期が到来か⁉︎

9月15日、キャンピングカーメーカー5社と正規販売代理店契約を締結したことを発表!

 そんなクルマがいよいよ日本で正式発売に向けて動き出した。9月15日に行われた発表会では、デュカト専門の販売を行う5社の正規販売代理店を発表(株式会社ホワイトハウス、株式会社RVランド、株式会社岡モータース、株式会社トイファクトリー 、株式会社ナッツ *プレスリリース順)。各社とも自社でキャンピングカー を製造販売するメーカーだ。フィアットの日本法人であるStellantisジャパン株式会社では、日本のキャンピングカー市場を皮切りに、日本の商用マーケットで拡販を狙っているのである。

 日本で発売される2022年モデルのデュカトは、当然ながら各部が日本向けに各部がチューニングされている。特筆すべきは日本製のナビゲーションシステムや9速のオートマチックミッションが組み合わされ、商用車でありながら乗用車のような快適性だろう。キャンピングカー用途としても、移動時の快適性に期待できそうだ。

乗用車のようなインパネ。ステアリングは革巻きだ。

 9月末~10月にかけて正規ディーラー5社に数十台規模でデュカトが配車され、2023年のジャパンキャンピングカーショーでは、デュカトベースのキャンピングカーが各社から発表&発売される予定となっている。

キャンピングカー架装を前提とし、荷室はがらんどうだ
LEDの灯火類を採用したフロントマスク
バックドアは観音開き仕様。Stellantisジャパンのポンタス・ヘグストロムさんを囲み、5社のキャンピングカーメーカーの代表が集った(写真向かって左よりナッツRV荒木賢治さん、岡モータース岡宏治さん、ホワイトハウス木村文夫さん、RVランド阿部和英さん、トイファクトリー 藤井昭文さん)

 なお、日本仕様のデュカトは、標準ホイールベースに加え、ロングホイールベース仕様、ロングホイールベースのハイルーフ仕様の3タイプがラインナップされる。

L2H2(標準):全長5413×全幅2050×全高2524㎜、ホイールベース3450㎜、室内スペース11.5㎥、最大積載重量1645㎏

L3H2(ロングホイールベース):全長5998×全幅2050×全高2524㎜、ホイールベース4035㎜、室内スペース13㎥、最大積載重量1540kg

L3H3(ロングホイールベース&ハイルーフ):全長5998×全幅2050×全高2764㎜、ホイールベース4035㎜、室内スペース15㎥、最大積載重量1540kg

関連メーカー/ビルダー情報