ニュース

キャンピングカー の乗り心地を上質に!

ついに出た! RVランドが考える理想の足まわり「新型カムロードダブルタイヤ用コンフォートリーフ」登場!

本格的な国産キャンピングカーのベース車は、もともとはトヨタのトラック(カムロード)。専用部品を組み合わせてはいるものの、その乗り心地はよくも悪くもトラックである。こう言い切ってしまうと語弊があるかもしれないが、乗用車のつもりでキャンピングカーに接すると、その違いに驚くことがある。

そんなキャンピングカーの乗り心地をよくすべく、改良を続けていたのは「RVランド」だ。オリジナルブランドだけでなく、国内外様々なキャンピングカーを取り扱う国内最大のキャンピングカーディーラーであるRVランドだが、救急車などの特種用途自動車の開発にも携わっているのはあまり知られていない。たとえばベルリング社の救急車の足まわりはRVランドが手掛けているのだが、救急車もまた乗り心地(搬送され心地?)を重視したチューニングがほどこされているのだ(すべての救急車がそうなっているわけではないが)。こうしたノウハウをもとに、1年以上の歳月をかけて販売にこぎつけたのがこの新型カムロードダブルタイヤ用の「コンフォートリーフ」である。リアのバネだ。

純正よりも枚数を増やし、より細かいセッティングができるようになっている。救急車製作のノウハウが存分に生かされた仕様だ。価格は13万8600円。
車軸を支えているのが、リーフスプリング。交換にあたっては構造変更が必要。コンフォートリーフには、改造申請時に必要な「改造自動車審査結果通知書」が付属する

 純正(ノーマル)状態は、片側2枚ずつの板状スプリングでキャンピングカーの重量を支えつつ、路面からの衝撃にも耐えるというコスト重視の重荷重設定だが、RVランドのコンフォートリーフスプリングはその枚数をそれぞれ3枚とし、より細かな凹凸にも追従するしなやかさを実現。これすなわち、キャンピングカーのような様々なシチュエーションをドライブする際に、疲れにくいというセッティングになっている。前後車軸の距離が短く(ショートホイールベース)、かつ重心も高いキャンピングカーは、加減速時に車体の前後動も大きい(簡単に言うと揺れ)が、RVランドのコンフォートリーフスプリングを使用すると、これが意外にも霧散。一般道から有料道路まで試験走行を繰り返し、リセッティングを繰り返したゆえの賜物だろう。

 論より証拠。RVランドでは、このリーフスプリングを装着した展示車を用意しているので、興味のある人は問い合わせてみてほしい。構造変更が必要なため、新車時装着がベスト。だが、既存のユーザー(新型カムロードのリアダブルタイヤ仕様)に向けても、「改造自動車審査結果通知書」を付属のうえ、デリバリーを開始するという。

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!