ニューキャンパー

バンライフ風ハイエースを自分好みにカスタムできる!キャンピングカー

ケイワークス「ラギッドバン タイプ2」のコンセプトは「余白と発展性」。必要最小限の装備内容から用途に合わせて空間を自由にアレンジしながら楽しめる、発展性を備えたマルチユースのバンライフモデルだ。基本装備の詳細と、オプションを組み合わせて作りあげられる架装例を紹介する。

海外バンのようなオシャレ空間をオプションで自分好みにカスタム

バンコンの有力ビルダー「ケイワークス」のハイエースベースといえば、高級感ある内装と快適な電装系パーツを標準装備した「オーロラ」シリーズが有名だが、この「ラギッドバン」は「土足でラフに雑に使え」という大胆なキャッチコピーを与えられたバンライフモデル。愛車というよりは趣味やレジャーの「相棒」と呼びたくなるような存在で、ベース車は機動力に優れるロング・標準ボディ・標準ルーフのDX。あえて上級グレードのS-GLではなくシンプルなDXにすることで求めやすい価格を実現している。ミニバンやSUVからの買い換えにも良さそうだ。

ミニバン的に使える前向き3列シート

ラギッドバンのタイプ1は前向きセカンドシートと横向きサードシートの組み合わせなのに対し、ここで紹介するタイプ2はセカンド、サードシートとも前向きのREVOシートを採用し、ミニバンのような3列前向き7人乗車が可能だ。

ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
セカンド、サードともREVOシートの室内。前向き多人数乗車が可能なレイアウトに、乗降性に優れたスライドドア。普段はミニバン感覚で使える1台だ
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
2列目と3列目のREVOシートをフラットにした状態。最小限の架装のため開放感が高い。写真のデモカーはオプションのエレペーティングルーフを架装しているので天井に開口部がある
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
タイプ1のサードシートは横向きだが、タイプ2はREVOシートに変更。全席前向きに乗車でき、回転させたセカンドシートと対面ダイネットを形成できる
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
サードシートは床に埋め込まれたレールの上を自由に動かせる
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
セカンドシートをリクライニングさせても余裕がある。写真左のポータブル冷蔵庫はオプション

使い勝手の良さが光る細部の作り込み

「タフに使い倒せる」というコンセプトの通り、スライドドアのステップ部や荷室後部の床にオプションの縞鋼板を施工すると、土足のまま気兼ねなく車内に乗り込める。

内装は「オーロラ」シリーズと同様に三河の家具職人が作る高品質の家具を採用しつつ、マルチな使い方ができるように装備を厳選した。

標準装備はシャワー付きミニシンクに19ℓの給排水タンク、105Ahの鉛サブバッテリー、走行充電と外部電源システムにサブバッテリーチャージャーを加えたシンプルな内容。オプションでリチウムイオンバッテリーや大容量インバーター、FFヒーターなどを追加してグレードアップができる。

趣味やリモートワーク、クルマ旅、キャンプ、災害への備えなど、用途に応じて自分だけの空間に作り上げていく発展性を備えている。

ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
バックドアを開けた時にカウンターテーブルのように使えるラゲッジボード。バックドア下にテーブルや椅子を置いてアウトドアキッチンのように活用できる
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
ラゲッジボードは荷室の仕切りになり、ベッド展開時の荷物置きにもなる。オプションでフロアを縞鋼板施工にできる
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
乗降時に傷や汚れが付きやすいスライドドアのステップの縞鋼板施工(オプション)。「土足でラフに雑に使え」というキャッチコピーを体現している
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
運転席側のスライドドアステップ部に、オプションのエバスペヒャー製FFヒーターを設置。オプションの断熱施工で暖房効率がアップする
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
セカンドシートの運転席側はフリースペース。写真のようにポータブル冷蔵庫を置いたり、ポータブルバッテリーを置いても良い
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
運転席側キャビネットに収まるコンパクトなシャワー付きミニシンク。スライド窓から車外に引き出して使える
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
手の届きやすい位置にある4連スイッチパネルとサブバッテリー残量計。サブバッテリーは105Ahを標準装備
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
ケイワークスの高級シリーズ「オーロラエクスクルーシブ」と同じラインで内装家具を製作。職人による細部の作り込みに品質の高さが宿る

エレベーティングルーフがゆとりを生み出す

ケイワークスはポップアップルーフの加工も得意とする。屋根が水平に持ち上がって室内高が均一になるエレベーティングルーフはオプションで、ロフトベッドがプラス2人分の就寝スペースになる。ルーフの部分に310Wのソーラーパネルも設置可能だ。

ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス
ラギッドバン タイプ2 | ケイワークス

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!