ニュース

家族4人OKな国産キャンピングトレーラーがフルモデルチェンジ!気になる室内を一部公開

タコスの国産キャンピングトレーラー・グランドクロスGX350がモデルチェンジ

2024年2月2日(金)〜2月5日(月)に千葉県の幕張メッセで行われるジャパンキャンピングカーショー。タコスは2023年に発表し話題となった国産キャンピングトレーラー「グランドクロスGX350」のモデルチェンジ版を出展する。

よりスタイリッシュなフォルムに、車内の使い勝手もさらに向上

タコスのキャンピングトレーラー・グランドクロスGX350はアルミパネルをおもな素材とした軽量ボディが特徴のモデル。これまでは標準で装備されるルームエアコンの室外機がAフレーム上に置かれていたが、新型はボディ内部に収納。このためフロントの常設ベッドが2段から1段へと変更されたものの、後部での就寝人数を考えると問題なし。室外機が見えないので、やぼったさや後付け感がなくなった。後部の形状も若干変更され、右の跳ね上げベッドはシングルになり、左側も同様の機構のベッドを備えた。簡単に展開できるのはもちろん、補助マットを使ったフルサイズベッドも可能になる予定。両側とも跳ね上げれば広大なカーゴスペースとなり、大物の積載が可能でトランポとしても使える。

グランドクロスGX350 | タコス | AC2402
リアの巨大ハッチバックが特徴のグランドクロスGX350
グランドクロスGX350 | タコス | AC2402
新型ではルームエアコンの室外機をボディ内におさめられるように
グラウンドクロスGX350 | タコス
旧タイプのフロント部分。キッチンと2段ベッドをフロントに設置していた
グランドクロスGX350 | タコス | AC2402
新型ではフロントベッドは1段に

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!