ニュース

【ジャパンキャンピングカーショー2023】車載専用ラップ式トイレが新たにTOTO製便座モデル『ラップル TYPE-B』として発売決定!【事前情報】

キャンピングカーパーツセンターより待望の第二段!

キャンピングカーパーツセンターは、車載専用ラップ式トイレ「ラップル」にTOTO製便座モデルを新たに設定し、2023年2月3日より販売を開始する。本製品は、より一般の便座のような座り心地を実現しており、より自然な感覚で利用することが可能となった。また、幕張メッセで開催されるキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2023」会場内、キャンピングカーパーツセンターブースにて本製品が展示される。

便座フタオープン時イメージ

「ラップル」は自動車に搭載することを目的として軽量化や防振性能を強化しており、従来の車載トイレで必要だったブラックタンクを不要としている。また熱圧着によって排泄物を1回ごとに手を触れることなく自動で密封。個包装として切り離されるため、後処理の手間も大幅に軽減している製品で、キャンピングカーオーナーはもちろん医療や介護、災害時の備えとして好評を博している。

ラップルの使用方法

ラップルは水を使用せず、熱圧着によって排泄物等を1回ごとに密封個包装することで、細菌や微生物を遮断し、衛生的なうえに排泄物等の臭いまで封じ込むことが可能となっている。使用方法もとても簡単で、専用凝固剤を投入して排泄を済ませたあとリモコンのスイッチを押すと自動で密封ラップを開始する。約90カウントで終了音が鳴り切り離される。

1、薬剤投入
2、スイッチを押す
3、密封ラップを取り出す

3ステップで簡単に使用できるので、車載専用トイレを使用したことない方はぜひ体感してほしい。

フィルムカセット装着イメージ(装着時)
フィルムカセット装着イメージ(装着後)
正面
裏面

導入実績も広がるラップルの実力

「ラップポン」は多くの災害を経験し、そのたびに進化を遂げてきた。その結果、民間企業はもちろん、官公庁や自治体で3万台以上(「ラップポン」シリーズ累計)の導入実績を誇っている。

救命医療を提供する医療チーム(DMAT)では、「ラップポン」を標準装備した東京DMATカーを配備。防衛省では「ラップポン」を搭載し個室を9つ用意した野外支援車を導入するなど、衛生的で安心・安全を提供することができる「ラップポン」が評価されている。

製品概要

名称:wrapull TYPE-B(ラップルTYPE-B)
質量:9.81kg
寸法:幅358mm × 奥行444mm × 高さ400mm(便座高430mm)
電源:DC12V ケーブル長1.5m
消費電力:75W 待機時1W(電源SW OFF時0W)

キャンピングカーパーツセンター公式WEBサイト

※詳細は公式WEBサイトをご確認ください

関連メーカー/ビルダー情報