ニューキャンパー

コンパクトなのに家族4人就寝OK!ポップアップルーフとクーラーで快適広々空間のキャンピングカー

カーショップスリーセブンのコンパクトバンコン「アレグロ」

年の瀬が押し迫り、オートキャンパーwebではまだ紹介していない2023年デビューのニューモデルを一挙公開中。ここでは軽キャンパービルダーのカーショップスリーセブンが初めて製作したコンパクトバンコン「アレグロ」を紹介する。

ワンタッチで開くポップアップルーフでもう1部屋出現

福岡県のカーショップスリーセブンといえば、軽キャンパーの「MOC」シリーズ製造や、キャンピングトレーラー「カシータテキサス」販売、さらには全天候型RVパーク「Kyushu Rv Resort in Yanagawa」運営など、幅広い顔を持つビルダーだ。そのカーショップスリーセブンとしては初となるコンパクトバンコンのモデルとなるのが「アレグロ」。

メインとなるダイネット部分から見ていこう。インテリアはオフホワイトはを基調にオレンジの差し色で明るさや楽しさを演出。セカンドシートにはREVOシートを採用している。走行時は前向きにすることで前向き4人乗りとなり、くつろぎタイムは後ろ向きにし、リアのベンチと合わせてコの字でテーブルを囲むことができる。横座りベンチの下は収納になっており、空間が有効活用されている。

右側のキャビネットにはミニシンクを搭載。給排水タンクはそれぞれ10ℓ装備されており、ちょっとした洗い物などに使えて便利。照明などの集中スイッチもここにあり、ダイネット時でもベッド時でもアクセスがしやすい。

標準装備のDV12Vクーラーは右キャビネットの上に設置。注目なのはサブバッテリーや走行充電を搭載せず、電源をポータブル電源から取っていることだ。2000Wの大容量電源をコンパクトにまとめることができ、メンテナンス性にも優れている。

そして、コンパクトな空間をタテに広げるポップアップルーフ。サンバイザーの間にあるレバーを引くとポップアップルーフの固定が解除される仕組みで、かなり使い勝手が良い。

ポップアップルーフ内は3面にメッシュウインドウを装備しており、網戸状態にすれば通気性も抜群。天井には薄型のLED照明が埋め込まれていて、写真のように完全に締め切った状態でも明かりが採れる。ベッドサイズは2200×1020mmで、大人2人が就寝できる。

こちらはダイネットを展開したフロアベッド。REVOシートをフラットにし、リアのベンチの背もたれをはめ込むだけと簡単にベッドにできる。

ポップアップルーフ展開もベッド展開も簡単操作、ポータブル電源というスリムな電源構成など、あらゆる点で初心者に優しい1台。使用人数が少ない場合はポップアップルーフレス仕様も選択できる。

オプションでスライドドアやリアクオーターウインドウにロールスクリーンを装備
NV200バネットバンGXがベース。乗車定員は5人で、うち4人が前向きに乗車できる
ポップアップルーフとフロアベッドで合計3人+子供1人が就寝可能だ

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!