ニューキャンパー

バンコンよりは広々だけど、トラックベースキャブコンよりコンパクト。シニア層のニーズにも応えるバンベースの2人旅向けキャンピングカー

ロータスRV販売の「フリッパー」

バンコンより広々空間を実現しつつ、トラックベースのキャブコンよりコンパクト。そんなバンコンとキャブコンのいいとこどりなサイズ感で2人旅仕様としたキャンピングカーがロータスRV販売の「フリッパー」。余裕の室内レイアウトはシニア層の旅スタイルに合わせた装備も。

2人が快適に過ごすための独自仕上げ

ロータスRV販売のライトキャブコン「フリッパー」。一見するとトラックベースに見えるが、ボンゴバンのボディをカットしてシェル架装したキャブコン。トラックベースのようなラダーフレームの上への架装ではないので、室内のフロアが低い。またキャブとの段差も少ないのでセカンドシートの前方視界も良好。また、架装の際にトラックベースに比べ手間はあるが、クルマ自体の前荷重があるので、架装の自由度も大きいというメリットもある。

このフリッパーの基本コンセプトは2人仕様。それでも対面シート+サイドソファは4人でも余裕たっぷり。ただ空力を優先したルーフ形状なので、バンク部分にベッドはなく収納のみ。なので就寝はシートを展開して作るフロアベッドのみ。このベッドも横方向に大人2人分となるが、サードシート部分にプラス子供1人が寝られるスペースがある。

さらに特徴となるのが、ステップ横にトイレルームを備えていること。これはシニアユースも視野に入れており、トイレは必需品と考えたからだ。そして、車両最後部にキッチンを配置するが、足下空間となるフロアは大きく確保。リヤに外部バゲッジを備えており、このフロア部分がが荷室として利用できる。また個性的なのが、サイドソファ下に外部用引き出し式冷蔵庫があること。キャンプサイトなどのアウトドアユースでの使い勝手を考えた装備だ。

キャブ上の空間はバンクベッドではなく収納スペース。寝具や着替えなど、比較的軽いものを置きたい
サイドソファ下にある冷蔵庫は、引き出して車外で使う。上級志向の北米車のような装備で、キャンプサイトで便利だ
スリムタイプのDC12Vクーラーを設定。本体はキッチン上部に装着
スポットライト付きのルーフベンチレーター。風量調整が細かくできるタイプだ
トイレルームはサイドソファ横に配置。大人が入れるギリギリの大きさだが使用には問題ない
リヤの外部バゲッジドア。キッチン前のフロアが収納スペースとなる
美しい木目の家具にLED照明
シンクと電子レンジを効率よく配置

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報