キャンピングカー・ビルダー紹介

RVランドオリジナルモデルが見逃せない

販売も手掛けるからこそできるオーナーの声に寄り添ったプロの提案するモデルとは?

本社展示場で最大60台の新旧、国産車、輸入車合わせたクルマを展示、販売するRVランド。キャンピングカーの購入を検討しているなら一度は見ておきたい場所の1つだ。そのRVランドが提案するオリジナルモデルをご紹介。ひろく販売を手掛けているからこそ聞くたくさんのキャンピングカーオーナーの声と、キャンピングカーのプロの知識と経験がコラボして生み出されるそのオリジナルモデルの魅力とは?

RVランドのオリジナルモデル

RVランドといえば、まず思い浮かぶのが「ランドホーム」という人も多い。以前の記事でもご紹介したが、トヨタのコースターをベース車に採用、そして衣食住揃った、RVランドを代表するモデルなのは間違いない。

しかし、RVランドのオリジナルモデルはこれだけではない。バンコンクラスにぜひ一度は見て欲しいモデルが揃っている。

リノプレミアム

その1つがリノプレミアム。ベース車はトヨタのハイエースのスーパーロング。なので、なんといっても車内が広い。特徴的なのが、そのレイアウト。前方にL字にキッチンが配され、後方はすべてドドーンとU字にソファーが広がる。このソファースペース、背もたれを空いているスペースにはめ込むことで、広いお座敷スペースになる。このスペース、半端な広さではないので、かなり使い勝手がいい。複数人でゴロゴロすることもできるし、カードゲームなど場所をとるようなこともできる。このお座敷スペース、中央のテーブルを取ればそのままベッドになる。

さりげなく入れられたロゴもラグジュアリー
収納もしっかりある広い車内

そして前方に配されたキッチンも、スライドドアを開けてすぐアクセスできるというところがミソ。あまりに居心地のいいソファースペースなので、車内で過ごしがち…かと思いきや、この前方キッチンのおかげで、オートキャンプでもその実力を発揮できるクルマ。キャンプ中も屋外の炊事場や新たにキッチンを設営する必要なく、車内の清潔なキッチンで調理ができる。下ごしらえを車内でして、外の焚き火で焼いてもらう、なんてこともシームレスに行える。
そういう意味でいえば、外から靴を脱がずにアクセスできる収納があるのもポイントだ。

テーブルを取ってベッドに
キッチンも作業スペースが広いので使いやすい

このリノプレミアム、実は前々からラインナップにあったモデルなのだが、2021年のイヤーモデルとして、今回質感が向上して登場した。製作工程に最新の加工機械を導入し、より繊細に家具などのデザインを再現できるようになったそう。

リノプレミアム

価格:530万2000円~
ベース車両:ハイエーススーパーロング特装車
全長×全幅×全高:5380×1880×2285㎜
乗車定員/就寝人数:8人/3人
ナンバー:8ナンバー

●標準装備:19ℓ給排水タンク/収納式シンク/カセットコンロ/L型ギャレーキャビネット/右オーバーヘッド/ビルトインDC 49L冷蔵庫/メイン・サブ自動管理走行充電システム/100Ah超高性能ディープサイクルサブバッテリーほか
●オプション:ポータブルトイレ/FFヒーター/電子レンジ/エアコン/サイドオーニングほか

今見てほしいイチオシのビルド

2021年にデビューした、今、絶対に見逃せないモデルが1台。その名も「Build(ビルド)」。ベース車はハイエース・ワイドミドルを採用。全高2105mmと都市部でも機動力が落ちない、使い勝手のいいサイズ。
レイアウトはとてもアクティブ。シンプルながら、キッチン、収納、ポータブル電源、冷蔵庫と必要十分の装備がそろっていて、それがスッキリ左右に収まっている。中央には長いスライドレールが走り、セカンド、サードシートをフレキシブルに動かすことができる。さらにセカンド、サードシートはバタフライシートになっているので、前向き、向い合せはもちろん、並べて広げればベッド、畳んで片方にまとめてしまえば広い空間と、乗る人、乗せたいもの、乗る目的、使う目的に合わせて思うがままだ。

対面ダイネットの状態。冷蔵庫や引き出しがサイドにあり使いやすい配置
畳んで寄せれば、広いスペースが出現
広げればすぐベッドに
ベッドの状態でも、引き出しや冷蔵庫が使える

そして、両側スライドドアなので、景色のいい場所や、キャンプ場などで両側開け放したときの開放感はなんともいえない。そして両側を開けてしまえば、車内が屋根付きの通路のような空間にも変わる。外との一体感もあり、ただの車内というだけでない、オーナーの感じ方、考え方1つで無限にアイディアが広がるスペースになる。
また、オプションにはなるが、ポップアップルーフをつけることも可能。このポップアップルーフの色が、アースカラーでかっこいいのに、かわいい。このルーフ見た目だけでなく、ちゃんと実力も備わっていて、最大1850mm×1300mmと大人2名で使えるサイズで、3面がメッシュにできるようになっているから、ルーフにおこもりしても快適。そしてポップアップルーフをつけても、クルマ自体の全高は変わらないのもポイント。

そのほか、シンク部分が持ち出せるフレキシブルシンクや、オプションにはなるが、スライドフックのついたウォールパネルなど、使う人の趣味ライフをアシストしてくれる機能が備わっている。前述のフックはもちろん、引き出し、床下と収納も充実しているこのクルマに趣味のものを積んで、目的地についたら、クルマを停めるだけでもう趣味を楽しむベースが出現。このクルマがいれば、時間も体力も、趣味ややりたいことに全力で使える。インテリアだって、シンプルに統一されているので、カスタマイズの楽しみが広がる。10人いたら10台が、それぞれに合ったビルドになっていくのではないだろうか。まさに「組み立てる、作り上げる」という名前通りのクルマ。それくらい自分のライフスタイルに寄り添って、自分色に染まって、鏡のように自分のスタイルを見せてくれる気がする。このクルマとなら、どんな趣味でも、ライフステージが変わっても、一緒に楽しめる、そう思わせてくれるクルマだ。

シャワーが伸びるので、車外にも届く
シンク部分を取り外して、バケツのように外でも使える
コンセントもしっかりある
電子レンジ、ポータブル電源は車内後方に配置
給排水タンクの色までこだわった
両側のスライドを開ければ外とシームレスにつながる

ビルド

価格:597万4100円~
ベース車両:ハイエースロングワイドボティミドルルーフスーパーGL
全長×全幅×全高:4840×1880×2105㎜
乗車定員/就寝人数:6人/大人2人+子ども2人
ナンバー:8ナンバー

●標準装備:10ℓ給排水タンク/持ち出し可能シンク付きギャレーセット/ヘルツフリー電子レンジ/26ℓポータブル冷凍・冷蔵庫/メイン・サブ自動管理走行充電システム/100Ah超高性能ディープサイクルサブバッテリー/ポータブル電源システムほか
●オプション:ポップアップルーフ/ウォールパネル/ポータブルクーラーセット/サイドオーニングほか

オートキャンパー公式youtubeチャンネル「とびだせ!オートキャンパーテレビ」でも詳しく紹介中!

関連メーカー/ビルダー情報