キャンピングカーで楽しむ

使いこなせばクルマ旅が大充実!RVパークとは?

RVパークを使いこなせば気軽に気兼ねなく快適に車中泊旅を楽しめる

クルマ旅、車中泊の宿泊先として、どんどんその数を増やしているのがRVパーク。キャンピングカービルダーの集まり、つまりキャンピングカーのことをよく知っている日本RV協会が推進しているから、なんといっても車中泊に最適な設備になっている。どんな施設なのか、そしておすすめのRVパーク活用法までお伝えしていきたい。

RVパークとは?

日本RV協会が公認した『快適に安心して車中泊が出来る場所』。具体的には、車中泊に適した駐車場、24時間トイレが利用可能、電源設備が利用可能、ゴミ処理が可能といった条件を満たした施設のこと。その他、流動的になりやすいクルマ旅の途中で使いやすいように、予約が必ずしも必要ではなかったり、入退場の制限が緩やかだったりする。設備は各RVパークによって多少の違いがあるので、利用前にきちんとチェックしたい。

電源設備が使える。場所によっては延長コードなどを使用する場合も
24時間利用可能なトイレ
ゴミも処理可能
水道もある
指定されたスペース内であれば、テーブルやイスを出したり、サードオーニングを出したりしてくつろぐことができるRVパークも

その魅力はなんと言っても気軽さと、気兼ねなく車中泊ができる点。原則予約不要とはいいつつも、予約もできる。予約方法もWEBやSNSから気軽にでき、空きがあれば当日予約OKなところも多い。
実際に到着してからも駐車スペースにかなりのゆとりがあるので、空いているスペースにテーブルやイスを出して、足を伸ばして外で過ごすことができるRVパークも多い。

オートキャンパー的⁉RVパーク活用法

都市型とリゾート型?

毎年その数を増やしているRVパークだが、市街地の近郊にあるものもあれば、有名な保養地やリゾートにあるもの日本中様々な場所にある。それぞれの立地などの特徴をうまく利用して旅先での時間を有意義にしていきたい。そしてその立地から主に市街地の近郊にあるものを都市型、主に保養地やリゾートにあるものをリゾート型とオートキャンパーwebでは称してお薦めのRVパークの特徴と使い方をお伝えしていきたい。

都市型

市街地近郊にあり、観光地の観光拠点になることも。市街地の中での用事や、道幅が狭かったり駐車場が少ない観光地での観光のときに利用すると、クルマをRVパークにそのまま置いて、公共交通機関や徒歩で身軽に観光できる。トレーラーの方は、トレーラーを切り離してRVパークに置き、ヘッド車だけでお出かけするのもよし。もちろん自転車をクルマに積んでいれば、自転車でのポタリングも可能。最近はレンタサイクルがある道の駅もあるので場所によってはそういったサービスも利用できるだろう。
そのほか往復の行程の途中で利用するのもお薦めだ。出発地から目的地までに距離がある場合など、その道中にあるRVパークでの宿泊を挟んで移動するのはいかがだろうか。往路で使えば、目的地に早い時間にたどり着くこともできるだろうし、復路で使えば疲れた中での運転を避けることができる。また、移動の時間帯をずらすことにより、渋滞を回避できる可能性もある。

リゾート型

RVパークがある場所そのものが旅の目的地となるようなところにあることが多い。そしてRVパークのある場所に温泉があるなど、特色のあるところも。景勝地にあったり、その土地ならではのグルメを楽しめるRVパークもあり、中には併設の施設でBBQが楽しめるところも。とはいえRVパークなので周辺の宿泊施設と比較して安価に利用できるのも魅力。RVパークは長期(1週間程度)の滞在も可能なので、温泉地でゆっくり湯治なども夢ではない。

クルマ旅の楽しみに

クルマ旅の強い味方のRVパーク、2022年3月10日時点の認定施設数は246件。これからもどんどん増える予定だ。クルマ旅の計画をたてる際にはぜひRVパークを旅程に入れることも検討してみてほしい。そして都市型、リゾート型それぞれのRVパークをめぐるだけでも、様々なルートを作ることができる。キャンピングカー以外のクルマでの車中泊でも利用可能で、特色ある施設や、珍しい立地の施設もあるので、これからの旅の楽しみにもしていきたい。

GREEN BASE木更津

今回取材でお邪魔したのは、アクアラインのたもと千葉県木更津にあるGREEN BASE木更津。ハワイをイメージした場内はアメリカンテイストとハワイのナチュラルな雰囲気あふれるRVパーク。5つの区画とアメリカントレーラーも受け入れ可能な大型の区画が用意されている。
アクアラインの千葉側の出入口からすぐの大きな道路沿いでアクセスも抜群。そして海水浴や潮干狩りなど房総観光の拠点としてはもちろん、店舗数日本一のアウトレット「三井アウトレットパーク木更津」が目の前でショッピングにも楽しい立地。千葉で遊び、アクアラインを通って首都高や東名高速道路方向に帰るなら、帰り道の途中に泊まっても。
トイレや水場、ダンプステーションなどの設備も整っていてきれいに管理されていて、スタッフの方も笑顔がすてきないい人で、初心者でも安心して利用できる。予約はくるま旅倶楽部WEBサイトのほか、Instagram、Twitterからも受け付けている。

GREEN BASE木更津の様子はこちらの動画でチェック

GREEN BASE木更津

住所:千葉県木更津市金田東1丁目48番10
アクセス:木更津金田ICより車で5分
利用料金:1泊4,000円(別途ゴミ処理代200円/ゴミ袋1枚、電源使用料500円〜)
詳細:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/958.html