キャンピングカーで楽しむ

メスティンでパックご飯をおいしく温め!

災害時にも役立つ、パックご飯の温め方

パックご飯は自宅でも、車中泊でも、電子レンジが使えれば、いつでもおいしいご飯が食べられて、保存食としてもとっても便利!でもキャンプや災害時など電子レンジが使えなかったどうやっておいしく食べる?メスティンを使ったパックご飯のおいしく温め方法を教えます!

パックご飯は万能保存食だけど…

自宅でも、車中泊でも、電子レンジが使えれば、いつでもおいしいご飯が食べられて、保存食としてもとっても便利!でもキャンプや災害時など電子レンジが使えなかったどうやっておいしく食べる?メスティンを使ったパックご飯のおいしく温め方法を教えます!

パックご飯は温めずに食べたらダメ!

パック御飯は、炊いた御飯が冷めてデンプンがベータ化した状態のもの……、と言われてもチンプンカンプンだと思うので、結果のみ伝えます。パックご飯は温めずに食べると、パサパサしておいしくないだけでなく消化が悪く、場合によってはお腹を壊します。なので、必ず温めて食べましょう。

メスティンを使った温め法

パック御飯を細かくほぐす。ベータ化したパックご飯は比較的パサパサした状態でほぐしやすい。

透き間なくメスティンに移し入れ、大さじ1程度の水を全体に回し入れる。この水は蒸気を全体にまわし、温めるためのもの。

メスティンのフタをしてコンロの火を可能な限りとろ火でゆっぴり加熱。火が強いと水分が飛び焦げてしまう。次第に湯気が上がってくる。その湯気が消えたら日を止め、少し蒸らす。

応用編!簡単親子丼

パック御飯を温めるときにいっしょにタマネギと焼き鳥缶を温め、最後に溶き卵を流せば立派な親子丼。この場合、加熱時間を延ばすため、戻しに使う水は少し増やした方がいい。焼き鳥缶親子丼はかなり手軽で味もしっかりしており、白米炊飯のときにそのまま放り込むと、炊き込みご飯のようにもなり、よりしっかりとしたものができる。調理済み缶詰を温める場合は、炊飯が終わった米の上に広げ、蒸らしの熱で温めよう。