キャンピングカー・ビルダー紹介

ポップアップまで入れれば、まさかの3段ベッド!大人5人が寝られるキャラバンベースキャンピングカー

バンテック新潟「VR470P Type-1」

ハイエース200系の登場とともにバンテック新潟から登場したのが、「バンレボリューション(VR)」と名付けられたシリーズ。現在では、ハイエースのほかにキャラバンベースのモデルもあり、豊富なラインナップとなっている。車名はシリーズ名のバンレボリューション(VR)+ボディサイズ+ルーフ形状を表すようになっている。今回紹介するのは、VR470Pということで、キャラバンのロングボディ標準幅標準ルーフをベースに、ポップアップルーフを備えた1台だ。

「VR470PType-1」はバンテック新潟のキャラバンベースのバンコン。バンテック新潟のオリジナルキャンピングカーのバンレボリューションシリーズのなかの1台で、2つあるレイアウトのうちタイプ1を採用し、さらにポップアップルーフを備えたモデルだ。

ポップアップルーフがあるおかげで、フロアベッド、上段ベッド、そしてポップアップルーフと、「3段ベッド」のような仕様になっており、バンコンながら大人5人がしっかり寝られるスペースを確保している。

フロアベッドはセカンドシートと補助マットで。さらに後部キャビネット上にマットを置いて上段ベッドを展開。これで大人3人が寝られる
ポップアップルーフ内にはメッシュを備えた窓がある。内部は大人2人が寝られる広さ
しっかりした作りのポップアップルーフだが、上げ下げはの際はダンパーのサポートがしっかり

車内レイアウトは、対面ダイネットに左右に設けられたキャビネットで構成。ダイネットは、セカンドシートとベッド用のマットで作るシートで作るが、かなりゆったりした空間が確保されている。しかもセカンドシートにはたためるバタフライ仕様のシートが採用され、その上スライドレールが備わっているので、コンパクトにたたんで前方にまとめることも可能。そうすると、広い荷室空間として車内を使えるのだ。

セカンドシートをたたんで前方にまとめると、長さ2m長の荷室になる。バイクも入る大きさで、フロアにはタイダウンフックも

キャビネットには跳ね上げシンクと外部でも使えるシャワーヘッドが備わり、キッチンとなっている。さらにこのキャビネット内には、ベッドを作る際に使うマットが収納できるよう設計されている。

キャビネットに付いた跳ね上げ式のテーブルにシンクも設置。シャワーヘッドはリヤゲートを開けて外からも使える
キャビネットにベッド用のマットが収納できるので、使わないときでもマットがじゃまにならない

関連メーカー/ビルダー情報