ニューキャンパー

トレンドの薄型エアコンを装備!特徴的なダイネットのレイアウトも気になるレクビィの「イゾラ」を深堀り!

珍しい2ルーム仕様のキャラバンベースバンコン

ポップなおしゃれさで機能的、ペットフレンドリーなモデルやオプションも多くラインナップするのがレクビィ。そのなかで日産キャラバンをベースに作られ、少し変わったレイアウトを持つのがこの「イゾラ」。2024年にはキャンピングカーのエアコンの新たなトレンドともいえる「薄型エアコン」を搭載してリニューアルも行なっている。

開けてびっくり、2ルーム仕様

約5000mmの広い全長を持ちながらも1700mmを切る全幅と、同じ程度の全長を持つハイエースと比べるとスリムなのがこのイゾラのベースでもあるキャラバンスーパーロング。そのスリムで長い車体を生かして、バンコンながら前後2ルーム仕様としているのがこのレクビィの「イゾラ」のすごいところだ。

車両前方から後方に向かって見てみると、広いベッド&ダイネットスペースの後ろに、すりガラス調の扉が見える。この手前の部分だけでも、大人3人が寝られるスペースをしっかり確保している
リヤゲート側から車内を見ると、車両後方が完全に独立したシャワールーム兼キッチンとなっているのがわかる

そしてダイネットが単座での対面+サイドソファとなっているなど細かいレイアウトも特徴的。このダイネットは2人使用を基本に考えつつ、必要なときには4〜5人での使用もOKというフレキシブルなもの。しかもこの単座シートにはオリジナルの補助座面があり、オットマン付きのシートのように使える。走行中もリラックスできること間違いなし。

マイナーチェンジでブラッシュアップ

そしてこの基本的なレイアウトはそのままに2024年にマイナーチェンジをしたタイミングで、標準で装備されるエアコンが薄型エアコンに。取り付けられている位置は、後方のシャワールーム手前の頭上スペースと変わりないが、これまでより室内のレイアウトと馴染むように。しかも室外機はフロアの下、スペアタイヤつり下げスペースに装備されており、車内への影響はない。レクビィは他のモデルにも積極的にこの薄型エアコンを採用しており、「ソラン」は、デビュー時にボディカラーとエアコンのカバー色を合わせたコーディネートで話題にもなった。

さらにマイナーチェンジでは、これまでは助手席後部に設置していたシンクを後方のシャワールームへ移動し、シャワーヘッドも兼ねる形へ。そしてその部分は新たに座面付きシューズボックスとなった。しかし、使用の頻度が高い冷蔵庫と電子レンジは、ダイネットも近い運転席後部に配置した。

シャワーヘッドも兼ねるキッチン。シャワールーム内には換気扇も備える
運転席後部の電子レンジと冷蔵庫。ダイネットから使いやすい

関連メーカー/ビルダー情報