キャンピングカーで楽しむ

自治体も注目する災害時のキャンピングカーの可能性とは

災害に備え、キャンピングカーメーカーと協定を結ぶ自治体続々!

キャンピングカーの装備は、レジャーだけでなくいざという時にも効果的。移動手段としてはもちろんのこと、寝心地のいいベッドに空調が使用できる電源設備、くつろげる居間もあるからだ。
実際2021年4月にはナッツRVと九州経済産業局、九州産業保安監督部がキャンピングカーを災害時に提供する協定を結んだ。

コロナにも使えるキャンピングカー

室内はごらんの通り。4人程度がゆったり休むことができる

キャンピングカーが単なる遊び道具だけではなく、いざというときにも使えることは、頻発する自然災害に有益だったことからも明らかだ。
キャンピングカーの製造販売メーカーなどで構成される一般社団法人「日本RV協会」では、過去、東日本大震災や熊本地震、九州北部豪雨で災害支援を行なった経験もある。 キャンピングカーは、被災者の宿泊場所はもちろんのこと、移動手段や打ち合わせスペース、昨今では新型コロナウイルス外来のための移動診療所……。
キャンピングカーは、被災者の宿泊場所はもちろんのこと、移動手段や打ち合わせスペース、昨今では新型コロナウイルス外来のための移動診療所……。
とにかく万能だということに多くの人々が気づき始めているのだ、キャンピングカーは。

高性能なバッテリーを搭載するのはもちろんのこと、それらを自分で充電することも可能なキャンピングカー

九州経済産業局と協定を結んだナッツRV

福岡県に本社のあるキャンピングカーメーカーナッツRVが九州経済産業局、および九州産業保安監督部と、キャンピングカーを災害時に提供する協定を結んだのは2021年4月14日のこと。
被災地での支援実績があったナッツRVだからこそできたキャンピングカーの活用法だが、こうした流れは日本全国に広がっている。

(左から)九州経済産業局 米田局長、ナッツRV 荒木社長、九州産業保安監督部 伊藤部長により協定の調印式が行なわれた
災害発生時にはこのようなデカールが車両に貼られ、出動することとなる

災害発生時以外は、民間へのレンタルキャンピングカーとして

ナッツRVでは、2021年の協定以前に、福岡県あさくら市にキャンピングカーの贈呈を行なっている。災害発生時の拠点として使用するのはもちろんのこと、一般へのレンタルも行なっているとのことだ。

<あさくらキャンピングカーレンタル予約>
https://reserva.be/asakuracar0946

サイクリングモニターツアーのサポートカーとして活躍
九州各地のお雑煮を食べまくる「お雑煮ドライブ」というイベント企画でも活用される一方で、令和2年の九州豪雨災害の際には職員の仮眠場所としてもその役割を果たした。

関連メーカー/ビルダー情報