ニューキャンパー

最大7人就寝!ポップアップルーフが秘密の小部屋のような豪華キャンピングトレーラー

欧州キャンピングカー最高峰ブランドの「ハイマー」。ここではハイマーブランドのキャンピングトレーラー「エリバ フィーリング470」を紹介する。同じハイマーのキャンピングトレーラーのシリーズ「エリバ ツーリング」との違いは?

内外装とも先進的なデザインで圧倒的な存在感

ハイマーのキャンピングトレーラーは、伝統的なデザインと作り込みの「エリバ ツーリング」シリーズに対して、ここで紹介する「エリバ フィーリング」シリーズは先進的なイメージで構成される現代的なモデルという位置づけだ。 外観もパネル工法のボディだが、前後は凝った形状のデザインとしており、全体的にスマートでスタイリッシュな仕上げだ。

車内はリヤにU字ダイネットを配置したレイアウト。3面が窓に囲まれた明るく開放的な空間で、曲面形状の上部収納庫にコーナー部分の独特な仕上げと、個性を感じさせる。中央にキッチンとトイレルーム、フロントにはツインベッドを備える。ベッドは中央部にラダー式のベースを引き出して補助マットを置くとフルベッドとなる。ここで最大3人、リヤのダイネットの展開で2人が就寝可能だ。

さらに日本仕様としてポップアップルーフも標準装備とする。ルーフを上げると驚くほど大きな空間が出現して、プラス2人の就寝となる。ゲストを招いても余裕のスペックを持つのだ。

エリバフィーリング470 | ハイマージャパン | AC2307
エリバ フィーリングのリヤダイネット。上部収納庫の曲面形状が美しい。基本は横座りの対面式だが、後部座面の利用でU字ダイネットを形成する。このテーブルを下げてベッド展開することが可能で、ベッドサイズは2000×1000〜1200mm
エリバフィーリング470 | ハイマージャパン | AC2307
フロントのベッドは右が870mmで左が2040mmの長さ。幅はいずれも790mm。リヤ同様に豊富な上部収納庫を備える
エリバフィーリング470 | ハイマージャパン | AC2307
フロントのベッドをフルベッドにした状態。中央のキャビネットを外して下部からラダー状のベースを引き出し、補助マットを置くと完成。幅は1990mmとなるので、大人3人でも余裕のサイズ
エリバフィーリング470 | ハイマージャパン | AC2307
ポップアップルーフの内部。エリバ フィーリングのポップアップルーフは居住性拡大が目的ではなく、追加就寝スペースのためにある。アルミ製の2分割ラダーで乗り降りでき、サイズは1920×1440mmもある
エリバフィーリング470 | ハイマージャパン | AC2307
洗面台を備えたトイレルーム。スペースを有効活用して各部に収納庫を備える。防水パン仕様だがシャワー設備は設定なし
エリバフィーリング470 | ハイマージャパン | AC2307
キッチンユニットはガラスカバー付きの3口コンロと丸形シンク、下部には3ウェイの冷蔵庫を装備。スクエア形状の家具なので収納力は十分。サイドはワードローブとなっており、上下2段に仕切られている。
エリバフィーリング470 | ハイマージャパン | AC2307
車両サイズは6470×2170×2460mm。ポップアップルーフのおかげで全高は低めだ
エリバフィーリング470 | ハイマージャパン | AC2307

[スペック]
ハイマー エリバフィーリング470
けん引免許:必要
就寝人数:6〜7人
ナンバー:白8
価格:682万円〜
全長×全幅×全高:6470×2170×2460mm
重量:1300kg
ブレーキ形式:慣性
タイヤサイズ:185R14C
標準装備:
シンク/3口コンロ/45ℓ給水タンク/12ℓ排水タンク/22ℓ移動式排水タンク/3ウェイ80ℓ冷蔵庫/コンバーター/各種照明器具/電源ソケット/USBポート/充電装置/外部電源入力装置/95Ahサブバッテリー/FFヒーター/カセットトイレ/洗面台/ベンチレーター/ブラインド付きアクリル2重窓/ポップアップルーフ&ベッド/LPGボンベ8kg×2/サイクルキャリヤ/14インチアルミホイール ほか

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!