キャンピングカー・ビルダー紹介

トイファクトリー が選ぶハイクオリティな最新輸入キャンピングカーとは

アジア初上陸のブランドも詳細解説

ディズニー社とのコラボレーションモデルも話題のトイファクトリー。ハイエースベースのキャンピングカー製造台数は国内首位! そのトイファクトリーが欧州製キャンピングカーを取り扱っているのはご存知だろうか。日本のキャンピングカーとは主力となるベース車も違えば、キャンピングカー文化も異なるヨーロッパで生まれたクルマ。日本最大の「輸入車キャンピングカーディーラー」を目指すトイファクトリーの考える欧州製モデルの魅力とは?

トイファクトリーによるプレミアムモーターホームのセレクトショップ「EURO-TOY(ユーロトイ)」

欧州のキャンピングカーブランドを、トイファクトリーがセレクトする輸入車キャンピングカーディーラー「EURO-TOY(ユーロトイ)」。ヨーロッパのキャンピングカーメーカーの社長からも「ヨーロッパで販売できるクオリティ」と賞され、ハイエースをベースに数々の人気キャンピングカーを世に送り出してきたトイファクトリーが輸入車を扱うのか。

「日本製のバンコンは「ヨーロッパで販売できるクオリティ」というお墨付きを貰っても、キャブコンのカテゴリでは、デザイン性、ベース車の起動性能、架装レベルなど、全体を通じて欧州製のクオリティが勝っています。キャブコンやフルコンでは、欧州モーターホームブランドがこれまで何十年と積み重ねてきた技術と歴史があり、日本の10倍以上、年間数万台を作ることでの、彼らの高いクオリティや、スケールメリットには、現状の日本ではまだまだ太刀打ちできません。」

というのはトイファクトリー広報の丹羽さん。

そこで、「欧州ブランドへのリスペクト」と、「良いモノを安心できる環境で、日本市場にも広げていきたい。」という2つの思いとともに、日本RV市場を盛り上げるべく、EURO-TOYとして欧州のブランドをセレクトし日本へ。これも、単に車を日本へ持ってくるだけでなく、「フィアットプロフェッショナル正規ディーラー」として認定されたトイファクトリーによる輸入ということで、ベース車両であるフィアットデュカトのメンテナンスという安心も同時に届けられる。

トイファクトリーがセレクトしたブランドとは?

現在このユーロトイが扱うブランドは7つ。このブランドは数ある欧州ブランドから作り手でもあるトイファクトリーならではの視点でセレクトしたもの。見た目のカッコよさはもちろんだが、品質・信頼感・メンテナンス・サポート体制などを総合的にジャッジして選ばれた。そしてトイファクトリーの作るクルマの人気の理由の1つでもある「デザイン性」も高く、トイファクトリーらしさを感じられる。

その中でもまず注目したいのが、日本初上陸となる「LAIKA(ライカ)」と「ETRUSCO(エトルスコ)」。いずれもヨーロッパ三大RVグループのErwin Hymer Group(アーウィンハイマーグループ)に属するブランド。このハイマーグループ、ドイツ最大手のキャンピングカーブランドHYMER(ハイマー)を中心としたグループで、中心となるハイマー社は、1957年からキャンピングトレーラーやキャンピングカーを作り続けるキャンピングカーメーカー。そのアイコニックなキャンピングトレーラー「エリバ」シリーズなど、日本でもその高いクオリティとデザインで根強い支持を受けるブランドだ。

その中でも最もラグジュアリーなポジションに位置するブランドが「ライカ」。洗練されたイタリアデザインで独特かつ落ち着いた雰囲気のセンスは、欧州ブランドの中でも他を寄せ付けない魅力を醸し出している。有名なカーデザイナー「ジウジアーロ」がデザインしたモデルや、欧州でのカーオブザイヤーに当たる賞をキャンピングカーとして初受賞するなど、イタリアの優美なデザインを贅沢に楽しめる極上のブランドだ。

そして、2016年に設立されたのが「エトルスコ」。現在、ハイマーグループ内でもっとも注目されているブランドだ。若いメンバーが創り上げる先進性と、長い歴史を持つハイマーのモデルと同じパーツ部品を惜しみなく使うなどの高いクオリティが持ち味。今後の成長も期待のブランドだ。そのシンプルな内装は家と同じように自分らしいインテリアアレンジを楽しめる魅力もある。

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!