ニューキャンパー

6人乗車4人就寝、コンパクトなボディにエアコンを標準装備したハイエースキャンピングカー

ファンーチェのハイエースベースキャブコン「ウラル バンタスティックエディション」

ファンルーチェの人気キャブコン「ウラル」の特別仕様、「ウラル バンタスティックエディション」。ファンルーチェが属するLACホールディングスの2023年のテーマであった「バンタスティック」を体現した1台だ。

小型ボディに詰め込まれた機能性

ファンルーチェのウラルはハイエースをボディカットしたキャブコンだ。キャブコンなので大きいのでは?と思うかもしれないが、使用しているベース車はハイエースでもバンロング・標準ボディ。全長こそ5mに迫るが、幅は2m以下と控えめサイズなのだ。しかもバンクベッドを持たないルーフ形状なので、車両重量も軽く、ベース車本来の軽快な走行も可能だ。

ボディカラーはどこかクラシック調でポップな雰囲気を感じさせる。明るいブルーグレーのフォレストとベージュのサンドを設定している。写真はブルーグレーバージョン。「Vantstic」のロゴがデザインされている。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

同時に車内トーンも淡いグリーンのシート生地に、木目を生かした家具でアーリーアメリカン調に。旅する雰囲気を盛り上げる。テーブルの下に標準装備のFFヒーターの吹き出し口が見えている。冬場も足下から暖かくて快適だ。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

こちらはノーマルモデルの「ウラル」。ホテルのような洗練された雰囲気で、バンタスティックエディションの変貌ぶりにおどろかされる。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

車内のレイアウトはノーマルのウラルと同じで、 2+2人で着座する対面ダイネットと、リアにはハイマウント形式の常設ベッドという構成。ハイマウントベッドは横向きに大人が2名就寝できる。乗り降りにはサードシートの座面を使うと便利だ。ルームエアコンは標準装備。上部収納庫も豊富にあり、寝室として使いやすいだろう。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

ハイマウントベッドの下は外部収納庫になっており、リアハッチを開けてアクセスできる。一部はダイネットまで貫通できるように扉がついているので、長尺物の積載も可能だ。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

べっどはもうひとつ、ダイネットのシートを展開して作ることができる。テーブルを低い位置まで下げて、セカンドシートとサードシートの背もたれをはめるだけで完成する簡単展開方式だ。シートも背もたれもスクエアな形状なのでしっかりはめ込めてフラット感も上々。こちらは子供2人が就寝可能なサイズ。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

キッチンはエントランス右側に設置。標準装備の冷蔵庫はサードシートからすぐ手が届く範囲にあって便利だ。延長式の調理台もあり、コンロこそカセットコンロだが作業性は高い。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

ウラルは収納も豊富に用意されている。ウラルはバンク部分にベッドはないが大容量の収納庫を用意している。車両安定性を考えるとあまり重いものは入れず、開口部も広いので衣類や寝具などかさばるものをを入れるのがオススメ。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

上部収納庫はダイネット、キッチン、リアベッドと各所に設置。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

キッチンからエントランスを挟んで右側にある小さなソファの下も収納庫になっている。位置的に靴や雨具を入れると効率がよさそう。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

ルームエアコンや300Ahリチウムイオンバッテリーなど、快適に旅ができるスペックを標準装備している。キレイめなカラーリングのウラルと、気分があがるグリーン系コーディネートのこのバンタスティックエディションのどちらを選ぶか悩むところだ。

ウラル バンタスティックエディション | ファンルーチェ CCAA2023

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!