ニューキャンパー

高い積載性能は必見。必要最小限の装備でこれで十分!なコンパクトバンコン

レクビィの「ホビクルタウンランダー」

ハイエースをベースにして、ワイルドでアソビゴコロ満載でガシガシ使えるレクビィの「ホビクルオーバーランダー」。それを同じコンセプトでタウンエースバンに仕立てたのが、「ホビクルタウンランダー」だ。街乗りにも便利なボディサイズに、機能的な装備が備わった、アソビグルマに仕上がっている。

見た目と機能性の両立からシリーズ最小でもちょうどいい

レクビィの「ホビクルタウンランダー」は、同社のワイルドさが特徴ハイエースベースの「ホビクルオーバーランダー」と同様のコンセプトで、タウンエースバンをベースに架装したライトバンコン。車内のレイアウトは、後ろ向きに反転させたセカンドシートとベッドマットを使った座面を使い対面するダイネットがメイン。イスとマットは車内幅目いっぱいの大きさで、大人4人でも使える。就寝はこれらのシートを展開するベッドのほか、独自のサイドレールを使った上段ベッドの設定も。小さい子供であれば家族4人での利用も可能なのだ。

そして真骨頂ともいえるのがリヤフロアの利用方法。マットはすべて外せうえに、そのなかの1枚は裏面が板張りでタイダウンフックを装備しており、荷物を固定して置ける作りなのだ。フロア自体も架装前の商用バンと同等の面積を確保し、重歩行用の素材を使用。キッチンは必要最任限のコンパクトなサイズで、表面はキズに強く手入れが簡単なメラミン化粧板。積載能力の高さは強みとなる。
また、電装系をシンプルにして車両価格を抑えているのも特徴。サブバッテリーの設定はなく、代わりにポータブル電源接続口を装備。つないで各種照明器具やシンクの電動ポンプに利用する。いっしょにジャパンキャンピングカーショーで展示された「コット」とともに新開発の薄型断熱材を使い寒暖差にも対処している。

シンクはシャワーヘッドなので引き出して車外で利用できる。ユニット内に給排水タンク、天板にカセットコンロが置ける
ポータブル電源を所有している人は多いので、つなげば車内に電気が供給できるように接続口を設けた
荷室は1400×700~1000㎜の大きさ。フロアは重歩行用で強度が高い
2枚のマットとフラットにしたセカンドシートとヘッドレストを使ったベッド。サイズは1800×1200㎜
補助マットの裏側にむく板を貼り、コーナー部分にタイダウンフックを装着。コンテナの固定やネットを掛けるのに便利
セカンドシートと同じシートカバーをフロントにオプション設定
オリジナルのレールシステム「ベッドレールエクステンドライダー」は引き出せばベッドサイズの拡大が可能になっている
オプションで幅の異なる2種類の専用マットが用意されている。チャイルドベッドとして十分な大きさで長さは1450㎜

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報