キャンピングカーで楽しむ

【ジャパンキャンピングカーショー2022】先取り! 新型カムロード、その乗り心地は?

新型カムロードがお披露目されて、いよいよ実際に新型カムロードをベース車としたキャンピングカーが登場してきた。今回、その乗り心地を確かめるべく、VANTECHのZiLでドライブへ行ってきた。ついその運転フィールに目が行きがちだが、家族や仲間を乗せることもあるキャンピングカー。ぜひ後部座席の乗り心地もチェックしてほしい。

今回の試乗車はVANTECHのZiL。まずは乗る前に新型カムロードの説明を受けたのだが、お邪魔したVANTECH埼玉にはモデルチェンジ前のカムロードと新型カムロード、どちらもまだ並んでいて並べて比較をすることもできた。
まず気がついたのは、フロントのナンバープレートの位置がセンターからサイドへ移動していること。これは、フロントバンパーの真ん中部分にミリ波レーダーが付いたから。それに関連してよく見ると丸いレーダーソナーがフロントからサイドにかけて4つ付いている。このレーダーソナーはクルマの後部にも装備されている。そしてフロントガラス上部にもカメラが。これらが今回の新型カムロードの安全装備になる。
ほかにも、LEDに変わった前照灯、そして着雪の時に活躍するライトウォッシャーも見ることができた。

試乗当日のVANTECH埼玉の様子
安全装置が付いたフロントまわり

いよいよ乗車してドライブに出発。
ZiLの内装や車内のレイアウトには大きな変更はないとのこと。今回のZiLは2駆なので、乗車定員は運転席、助手席と後部座席3名の計5名。後部座席に乗車する際はダイネット部分に向かい合うように着席する。
動き出してまず感じたのは、ZiLの窓の大きさ。目線も一般的な乗用車に比べると高く、電車の2階席のような開放的な車窓を楽しめた。

大人2人並んでも窮屈さはなく、リクライニングも気持ちよかった。人物と比較して窓が広々しているのがわかる
後部座席のうち1席は、後ろ向き乗車になる。

肝心の乗り心地だが、市街地を走っている間は、キャンピングカーに乗っていることを忘れるくらいに、いい意味で「普通」。加速も減速もスムーズで、路面状況の影響も感じない訳ではなが、いわゆるトラックぽさは感じなかった。この点は、VANTECHの新型カムロードに合わせたショックアブソーバーの力もあるかもしれない。実際、ぽかぽかの車内の雰囲気もあり、ついウトウトしてしまうひとコマもあったくらい。
ただ市街地を抜けて、高速道路を走り始めると、後部座席でも風の影響を感じるようになった。これはベース車というよりキャンピングカーの形状によるものと考える。80〜90km/h程度で巡航中は、特に何かを感じることはなかったが、周囲の状況や追い越しなどで速度が上がると、振動や音を感じることもあった。

今回は、往復200キロほどの半日のドライブ。乗り心地だけではなく、運転席周りの様子もお伝えしたい。運転していた取材班の感想として上がったのが、4速ATから6速ATに変更されたミッションのおかげだという加減速のスムーズさ。これは後部座席でも感じていたことだが、長年さまざまなキャンピングカーを運転してきた取材班も同じように感じていたということだ。そして静寂性。これは以前のカムロードに比べ、かなり静かで、運転席と後部座席でそれぞれ話していることが聞こえることに驚きの声が上がった。

新型カムロードの運転席
安全装置がついたことを受け、スイッチ類も増えた

そのほか今回のドライブでは、VANTECHならではの安全装備であるアラウンドビューモニターにも注目が集まった。クルマの前後左右に取り付けられたカメラからの映像を映し出す仕組みのものだが、驚いたのはクルマのウィンカーに合わせて、左右の側面が大写しになったとき。その形状からどうしても死角が生まれてしまうキャブコンだが、これにより周囲の安全により気をつけることができる。走行中も、左右斜め後方をモニターでチェックできるので、車線の移動も安全に行える。もちろんバックの際には、真上から見下ろすアングルでクルマの位置や後方を確認しながら安全にクルマを動かすことができる。

気になる新型カムロード試乗の様子を動画で公開中!走行フィールはこちらでチェック!

関連メーカー/ビルダー情報