キャンピングカーで楽しむ

2人旅向けバンコンオーナーのジャパンキャンピングカーショーに密着。オーナー目線で気になったのはこのモデル!

オーナーにとってのキャンピングカーショーとは?

アジア最大級のキャンピングカーイベント、ジャパンキャンピングカーショー。キャンピングカーが気になる人、購入を予定している人はもちろんだが、すでにキャンピングカーを所有しているオーナーの姿も多い。今回はダイレクトカーズの「リトリート・スーパーロング」のオーナー、岡田さんのジャパンキャンピングカーショーに密着した。

ショー会場の駐車場はもはやリアルな「キャンピングカーショー」

三重県在住の岡田さん、前夜に仕事を終えてそのまま愛車の「リトリート・スーパーロング」でジャパンキャンピングカーショーの開催地幕張へ。待ち合わせた幕張メッセの駐車場には、同じように愛車のキャンピングカーでの来場者がたくさん。リアルに現役のキャンピングカーがずらーっと停まる風景は壮観だ。これだけの台数、そしてこれだけの種類のクルマを見られる機会はそうない。またジャパンキャンピングカーショーはペットとの入場もOKということもあり、ペットの散歩をする人も。

いよいよ会場へ!全体をゆっくり見て回って、気になるブースはじっくりと

10:00の開場を待ち、いよいよ会場へ。まずは全体を見て回る岡田さん。いくつかブースに立ち寄りながら、会場を進んでいく。まだ買い替えのタイミングというわけではないが、その中でも新モデルやニュースは気になるという。ほかにもグッズやDIYのアイデアなんかも探していた。

くるま旅クラブの会員特典で入場。くるま旅クラブの会員なら日本RV主催もしくは協賛の対象イベントに無料もしくは割引価格で入場できる
会場に入場した岡田さん。その雰囲気を楽しんでいるのが表情から伝わる
気になったモデルについては、ブースのスタッフからつっこんだ説明を聞くことも
一度にいろいろなクルマの使い心地を試せるのもキャンピングカーショーのだいご味
来場前日オートキャンパー編集部の行なったライブ配信で見て気になったパーツもしっかりチェック
限られたスペースでも発電容量の大きいソーラーパネルを載せられる電動スライド式のパネル。実際に操作できるようになっていた

そしてやっぱり自分の愛車のビルダーのモデルは見たいということで、ダイレクトカーズのブースへも。愛車を購入したときの担当だった村井さんにもご挨拶。新車を見に来る人だけではなく、すでにキャンピングカーを所有している人もスタッフに会いにショー会場へ来ることも多いそう。

まずはスライドアウト機構を備えた新モデルをぐるり
自身の愛車と同じシリーズのクルマもチェック
ブーススタッフと話す一幕も
愛車購入の際にお世話になったというダイレクトカーズの村井さん。村井さんが三重店から厚木店に移ったあとも交流があるそう

岡田さんにとってショーはいろんなモノや感覚との出会いの場

お昼休憩もはさみつつ、終了時間いっぱいまで会場を楽しんだ岡田さん。最後に岡田さんにとっての「キャンピングカーショー」を聞いてみた。

今回は前日のオートキャンパー編集部によるライブ配信を見ていたので、そのときに目に留まったモデルはまずチェックしました。そのほかにも当日会場内を歩いていて、パット見で目についたモノや、気になったモノ、おもしろそうだと思たモノも見ていきました。そしてそのモノの話を詳しく聞いていくと、製作者の人のこだわりがたくさんあることがわかって。さらにそれが自分の愛車のカスタムに役立つなと感じたり、自分の「(車内に)いろいろな物を多く置くスタイル」とたまたま合っていたり……。表現が難しいのですが、ショーにはそんなインスピレーションというか、感覚というか、イメージというかを感じ取りに行っているんだと思います。

Japan Camping Car Show 2024

MORE

日本最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2024」の情報をいち早くお届けします!