ニューキャンパー

白いインテリアと冷蔵庫電子レンジなど豪華装備で人気のハイエースキャンピングカーにクーラー設定が追加

RVビックフットのハイエースキャンピングカー「スウィングC」

年の瀬も押し迫る2023年、オートキャンパーwebでは今年デビューした注目の新車を日替わりで紹介中。埼玉の老舗キャンビングカービルダー「RVビックフット」のハイエースキャンピングカー、「スウィングC」にはクーラーの設定が追加され、改めて注目が集まった。

コンパクトボディに安全・快適装備をてんこ盛りしてくれた老舗の1台

RVビックフットといえば「独自の電源装備でフル電化キャンピングカー」「白いインテリアでオシャレ」というキャンピングカーを作るビルダーだ。オートキャンパーwebのキャンピングカーカタログに掲載されているRVビックフットのモデルをいくつか見てもらえればよく分かると思う。

いずれも白と曲面を効果的に使ったインテリアと、ACSと呼ばれる独自の電源システムでオール電化なキャンピングカーとして人気を集めている。

今日紹介するハイエースキャンピングカー「スウィングC」も、街乗りでも使えるような気軽なサイズ感に、RVビックフットのセンスと厳選された快適装備を注ぎ込んだ1台だ。

まずベースとなるハイエースは、最も小さいロング・標準ボディ・標準ルーフ車を採用。インテリアに合わせてボディカラーも白だ。

ちょっとややこしいがハイエースの全長は「ロング」か「スーパーロング」の2択なので、ロングは小さいほう。幅は「ワイドボディ」か「標準ボディ」、高さは「ハイルーフ」「ミドルルーフ」「標準ルーフ」からの選択なので、これが最も小さい設定となる。

ハイエースは大きいイメージだが実はこの設定だと全長4695×1695×1980mmで、実は乗用車の5ナンバーサイズなのだ(4700×1700×2000mm以下で5ナンバーサイズとなる)。これなら道の狭い都心部などでもいけそうだ。さらにスウィングCは衝突回避機能などの先進安全装備も標準装備されており、安全性にも配慮されている。オプション設定にまわされがちなこういった装備も、安全は大切なことだからと標準装備にする心配りがありがたい。

室内を見ていこう。レイアウトの最大の特徴は、車両右側の横座りのロングソファに、左側の単座のシート。車両の最後部まで視覚的にさえぎるものが何もないので、白いインテリアの効果もあり、開放感が素晴らしい。

スウィングC(クーラーつき) | RVビックフット | AC2310

ロングソファの下は収納になっている。写真のように座席の手前側にも扉がついているので、席を立たなくても物が取り出せる。スライドドアを入って左、助手席の後ろ側の収納は靴を入れると良いだろう。

スウィングC(クーラーつき) | RVビックフット | AC2310

車両の後部にキッチン機能を集約、車両右側には標準装備の冷蔵庫がついている。黒いダイヤルは標準装備のFFヒーターのスイッチだが、ちゃんと小さく説明書きが貼ってある。よく見るとよこのコンセントにも、どこから電源がとられているものなのか説明書きが貼られており、RVビックフットの細やかな心づかいをこういったところにも感じられる。

スウィングC(クーラーつき) | RVビックフット | AC2310

車両左側の後方にはシンクと標準装備の電子レンジを設置。このシンクはリアハッチを開ければ車外から使うこともできる位置だ。

スウィングC(クーラーつき) | RVビックフット | AC2310

ベッドはソファの背もたれと、座面の下に収納していた補助マットをスポスポはめると完成。大きさは1800×1530mmで、大人2人が就寝可能できる。

スウィングC(クーラーつき) | RVビックフット | AC2310

これまで見てきたように、清潔感ある白いインテリアに必要なものを標準装備した使い勝手の良い車内がスウィングCの魅力だが、新たに車載クーラーをオプションでつけられるようになった。

スウィングC(クーラーつき) | RVビックフット | AC2310

こちらがその車載クーラー「クールスター」。車両左側後部に取り付けられている。配管などもうまく隠していて、リアの窓も埋めて壁にしてあり違和感がない仕上げだ。

スウィングCにはポータブルクーラーを載せることもできたのだが、今回設定されたクールスターは冷房能力が2.2kWと家庭用エアコンの6畳用並みにあるので、車内全体をしっかり冷やしてくれる。

スウィングC(クーラーつき) | RVビックフット | AC2310

電源もイナダ製の105Ahの鉛バッテリーを3つ積む。ACSという独自の電源システムを開発したことからもわかるように、RVビックフットの電装系技術は高く、独自の充電方式で急速充電にも対応。しかもバッテリーをいたわりながらチャージができる。

ますます厳しさを増す日本の夏にも負けない設定を手に入れたスウィングC。ボディサイズが小さいので都市部でも安心。2人旅やペット旅などにオススメだ。

スウィングC(クーラーつき) | RVビックフット | AC2310

画像ギャラリー

関連メーカー/ビルダー情報